読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

東京マラソン2017応援に関する考察(撮影編)

東京マラソン2017応援&撮影に行ってきた。その続きを…

ロケハン編↓

東京マラソン2017応援に関する考察(ロケハン編) - ひろこの自由研究

 

以下応援編…↓

スタート2キロ時点で気づきその1

東京マラソン車いすの部とマラソンの部に分かれていて、車いすの部がまず先にスタートする。

車いすの部のランナーの方は皆進行方向右手(つまりわたしのいる目の前)のみ通過していく。ゆるっとした坂道でわりと大変そうである。沿道の観衆もみな頑張れ~と言わずにはいられない…

 

スタート2キロ時点で気づきその2

で、しばらくするとトップ選手のマラソンランナーの方々登場…

が、なんとトップ選手の皆さま進行方向左手にルートをとっている。わたしの目の前には来ない。

…これはよくよく考えると、車いすランナーの皆様の取った進行方向右手側をトップ選手が同じくルートを取ると、追いつかれてしまったりして危ないのではないか?という配慮と勝手に推測…

 

まさか、こっちにはランナー来ないの?と思って一緒にいた友人が係の方に確認してくれてたところ、もうしばらくしたら、こちら側(進行方向右手)にもランナーの方来ますから。と言う。

 

…さらに付け加えると夜ロケハンの時全く気付かなかったが、スタート地点から見て上り車線(=左手側)と下り車線(=右側)の区別が白線ではなく、ガードレールであった…全く夜のロケハンでは気づかなかったよ…(というよりはロケハンのチェック項目対象外であった)

 

この上り車線と下り車線を分けるのは道路に白字で塗られた白線で歩行者天国状態になってランナーの方は好きな方向に比較的楽に移動できて、往来自由と思ってたよ…

そうこうしているうちにだんだん市民ランナーの数が増えてきて、わたしの右手側にもランナーの皆様が続々と現れる。

で、カンペキとは言えないが、何枚かの写真は撮ることができた。

友人…動画担当

わたし&夫…静止画担当

の分業作業であります。

 

来年にむけてのまとめ1

・ロケハンするなら昼間にすべし

・2キロ地点で写真撮るなら、光の加減、から進行方向左手側が良いような気がする。

・ランナーの数は圧倒的に進行方向左手側が多かった。右手側のほうがランナーの数少ない。

 

来年にむけてのまとめ2

ヘリウムガス風船はわりとしぼむのが早い。金曜日の夜にパンパンだったのが日曜日の朝になるとだいぶおとなしくなってしまった。

リュックに括り付けても上になびくことなく、横になびく。のでこれも可能ならば土曜日の夜にヘリウム風船を入手するのが理想であろうか。と。(実際は片手に風船、片手にカメラの二刀流でした…ブレ写真増産の言い訳ともいう。)

 

 来年は望遠で流し撮りするのが目標です…
↓の写真は当初使おうと思っていた望遠レンズですが、使い慣れていないものは危険なためいつも使っている標準レンズ使いました…

 

 以上東京マラソン応援記、写真撮影の観点から、です。

 

わたしはハーフマラソン以上の長さは走ったこと無いのです…20キロそこそこでも私はかなり死に物狂いであります。が、その倍量を挑むランナーの皆様はすごいなー。と思う。

 

マラソン部員の皆様を目で追うのと同時に、今年っぽい仮装のランナー(ピコ太郎とか)がいたり、とか見知らぬ人が撮って~!なんて向かって来たり。とか、なかなか沿道でも楽しいひとときを過ごせたのであった。

 

f:id:hirokows:20170226190253j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

東京マラソン2017応援に関する考察(ロケハン編)

…実はわたしは幽霊部員としてランニング部に現在所属している。

幽霊部員としての務め…いまわたしにできることは同じ部活に所属している東京マラソンに出場する部員の皆様を写真に収めることである…

(幽霊部員になってるのは、4年前に頸椎にセラミックの骨を埋め込まれる手術をしているので激しすぎる運動は骨がくっつくまで控えていたのであります。もうくっつきましたが…じゃ、幽霊から脱せよ・・・です。)

というわけで、撮影活動をしてまいりました…以下応援&写真撮影スポットロケハンと当日判明した盲点とか。

 

撮影地選定1

この日は東京マラソン応援のあと横浜に行く用事があった。ので副都心線に乗りやすいところがいいかな。と新宿三丁目あたりでどこかいい場所ないかな。と事前にコースマップ上でロケハンをしていた。

スタート地点より2キロのところの靖国通り沿い東京マラソンスタート地点から見て左手に「ニッポンレンタカー」の事務所があるのをコースマップで発見。当初はここで待ち伏せすることにした。

 

撮影地選定2

一応事前に撮影スポットがどうなのかを、現地を訪れてみた。

夜に実地調査…これがその後重大な問題となることをこの時点では私は全く気付いていない…ナニゴトも体験ではあるが…

このニッポンレンタカーの場所は撮影待ち伏せ場所としてどうなのか?を実際訪れてみることに…そうするとなんと靖国通りに面して駐車場がありお店の人に確認すると、当日も営業している。という。(レンタカーは裏道から出庫したり、裏道から返車があるらしい。)

む…車の出入りがあるかも…なのか。ということでその近辺にいいとこないかな?と探すと

iphone7で撮影」なるTVのCMでもたまに見かけるアップルのCMで採用されている写真が使われた看板が屋上にあるビルがニッポンレンタカーの向かいにあった。

このビルの下で待ち伏せしようと決める。

念のため靖国通りを新宿ガード下あたりからこのビル屋上看板が見えるかを確認すると伊勢丹会館あたりからはかなりはっきりと看板が確認できる。これはわかりやすいかも。と。

 

目立ちグッズ

数年前も新宿のあたりで応援していたのですが、(そのときはカメラやってませんでした…ジャニーズのライブのときに使うような手製デカ団扇は持ってました…)なんとランナーのお友達が私を偶然見つけてくれる。という失態…(見つけてもらわなかったらたぶんわからなかった。)

というわけで今年はハートの風船を東急ハンズで購入し、ヘリウムガスをその場で入れてもらい、これをリュックの背中にくくりつけて目立とうかな。と。

 

f:id:hirokows:20170226190253j:plain

ロケハン時には気づかなかったこと

東京マラソン当日、iphone7で撮りましたの看板のあるビルの下で待ち伏せ。

わたしがロケハンをしたのは夜だったこともあるが、重大な失策に気付く…いくら春が近いとはいえ、朝10時前位、まだ太陽は空の超てっぺんにあるわけではない…

「ビルの影がすごく伸びて暗くなる…」

もうちょい明るいところで撮るべきだったな~。と。

ここで待ってるよ。とすでに皆さまにお伝えしているので場所変更はキビシイためこのままレース開始を待つ…

 

当日撮影編は続きます…

 

 

 

 

 

 

 

別所梅林訪問記(2017/2/25)

小田原市にある別所梅林に行ってきたので、そのときのことを。(写真は全て2017/2/25午前中に撮影)

 

きっかけ

Plum&Mt.Fujiという極めてミーハーな写真を撮りたい。

枝垂れ梅がいろいろあるらしいので、どんな感じか見てみたい。

塩だけで漬けたという梅干しを買って帰りたい。

こんなとこである。写真撮影というより観梅気分でのお出かけとなった。

 

実際その1

現地に着いたのは8時半くらいであった。

わたしも勝手だなあ。とおもうのだが、観光地化(のぼりやら看板沢山)されていれば文句をブツブツ言い、観光地化されていないと「わかりにくい。」と文句ブツブツ…

ちなみにこの別所梅林は後者。お地味感じの梅まつり(曾我別所梅林梅まつり)が開催されており、のぼりの数控えめ、小田原厚木道路の小田原東インターを降りても看板があまりなく、(見逃した)ナビに入れた観光協会とやらの場所めがけて進む。

※お地味な、と失礼なことを書いてしまいましたが、地元で盛り上げてる感じのおもてなし精神は随所にありました。見学料無料ですし、つきたてお餅が美味しかったし、お土産品も梅やみかん。と地産地消なものが沢山あり、楽しかったです。

 

話戻って、

ナビが差し示したところに一応は着いたのだが、駐車場がどこにあるのかがわからん…とたぶんなるひとは多いと思う…

 

駐車場

(曽我別所梅まつり、のサイトで入手した地図によると駐車場が沢山ある感じですが…)点在する駐車場は「許可された合法的な舗装された農道への路駐。」であります。8時半には誘導係の人はいませんが、9時近くになると誘導係の人が合法的路駐の場所に誘導してくれます。駐車料無料。路駐=駐車場であります。…もちろん路駐しちゃダメなところもありますが。ここは駐禁と看板貼ってある。

路駐多数スポットを発見し(駐車場という看板があったので合法的無料路駐駐車場)車を停める。

わたしたちは8時半について11時には撤収しましたが、帰りが混雑すると大変そうだ。というのが感想であります。

合法的無料路駐駐車場が満車になると有料駐車場に案内される。という仕組みみたい。

 

実際その2

電線が多い…(周りに民家がふつうにあるのでまあしょうがないかな…)

わたしがブツブツ文句を言っていると夫のひとこと。

「ここの梅ってちゃんと収穫するんじゃないの?静岡の茶畑みたいに、電柱みたいなとこに扇風機みたいなファンついてるじゃん。霜よけのやつ。」

…そうです。ここは観賞用梅園ではありません。農園です。

美味しい梅干し、梅酒のために梅を大切に育てるための霜対策と思われるファンが畑の四隅でぶんぶん回っておりました。

プラス農作業に使うと思われるあまり美しくない小道具(肥料の袋、物置小屋とか)もわりと点在しています。

 

実際その3

この日は晴れたり曇ったりが激しかった。

↓立派な紅白枝垂れ梅(&はじっこにチラと電柱と電線)

 

f:id:hirokows:20170225231121j:plain

 

↓帰り間際にやっとこいい感じで晴れてきたので帰り際の一枚。

 

f:id:hirokows:20170225231151j:plain

 

番外その1…Plum&Mt.Fuji

出かける前日、グーグルで画像検索をするとなかなか梅と富士山のいい感じの画像をチラホラ見つけた。

が、この日(2017/2/25)この別所梅林から見える富士山を取り囲む梅は咲き終えていた。

フォトイコンテストの写真が掲示してあって、梅&富士山の写真もいくつかあったのだけど、

・この別所梅林&富士山を撮るんだったら、もう少し早い時期に来るべき。

・この別所梅林以外の梅林あるいはもうちょと遠いところからいい感じで梅と富士山が狙える場所があるっぽい。

ということはわかった。

今日に関していえば、富士山がなかなかいい感じで現れてくれなかった…富士山方面は霞んだ感じ…

富士山微妙、梅さらに微妙…な一枚を。

※その後判明…枝垂れ&富士山が撮れるとことはこの別所梅林の奥のほうにあるっぽいことが観光協会のサイトより判明…でもちょっと富士山が遠くなるかな…

 

f:id:hirokows:20170225233708j:plain

 

 

番外その2…梅干し購入時の注意事項

梅まつり会場にある梅干しやみかんの直売所にて。わたしは単純にゴミになるのがイヤだな~と思い。ビニール袋詰めの梅干しを買おうとしていた。

そこで夫が気づく。「同じ450グラム表記の梅干しがプラスチックの容器に入っている梅干しとビニール袋詰めの梅干しの値段が一緒なのはなんで?」と。

わたしは単純にお土産用と自宅用で分けていて、中身一緒で容器代はサービスなんじゃなかろうか。と思っていた。

 

お店の人に聞いたところ、

「容器入りのものは容器の重さ込みなので、ビニール袋入りがオトクです。」と。

 

まとめ

・単に観梅ならすごくいいところ。

・そんなに混んでない。11時ごろ私たちは帰りましたが、駐車場待ちの車は無かったと思う。

・ゴザの無料貸し出しサービスもあり、ゴザをしいて持ち込んだお弁当食べたり、つきたてお餅を食べたり、ピクニック的には楽しそう。(梅園のなかは出入り自由なので写真も自由に撮れた)

・写真的にはムズイ…であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作り置き生活に関する考察week2(いつものお店でいつものモノを買うべきだった…)

作り置き生活番外編…

スーパーの売り場の構成というのは生鮮食品はわりとどこも似たような構成になっているけれども、乾いたモノとか保存がきくモノとかはわりと各スーパーそれぞれだなあ。と思った話を。

 

↓2017/2/23の晩御飯の一部。

f:id:hirokows:20170223235231j:plain

鳥胸肉のムニエルに焦がしバター、レモン汁、マスタードを適当に混ぜたものをかけたのち、バジルソースを追いソースしたもの。

 

ムニエルの美味しい作り方

ムニエル、はバターたっぷりのフライパンでバターを泡ブクブクさせる感じで溶かしつつ、これを振りかけつつ、で作る方法を料理教室で教えてもらった。

二人前でバターを40グラムほど使ってます。安い鳥胸肉と比較するとソースのほうがお高いのでは…という感じになってしまうのですが…

 

マスタードはどの棚に置いてあるのか?

今回の料理を作るにあたっての必須の調味料の「粒マスタード」これを買うのにエラく時間がかかってしまった。

 

マスタード、の主たる用途はなんだろか?である。

・ウインナーにつける

・肉につける

・サンドイッチに塗る

こんな感じだと思う。

あと私の場合は、ポテトサラダに入れる。という用途もあるけれども、この用途はそんなにメジャーでない気がする。(以前ドイツ料理を教えていただいたときに、このマスタードを使う方法を初めて知った。)

今日の晩御飯を作るにあたり、粒マスタードが無いなあ。といことを帰り際に気付き、いつもは調味料等(=日持ちする系)は買わずに生鮮食品専門に購入するスーパーで粒マスタード購入を試みる。

いつも買っている店だと、瓶詰とか和カラシのチューブがおいてあるところに確かあったはずだ…

 

ところが、今日行った店には和カラシが売っている近辺も瓶詰系が売っている近辺にも粒マスタードが売っていない…

 

探す場所を広げて、「マスタードってイタリア料理でも使うかな?」と思い、パスタソースとかが並んでいるあたりも探してみるが、ここにもない。

 

シャウエッセンとかにつけることを想定して、ウインナー売り場にあるかな?」と思い、ウインナー売り場も探したが、やはりない。

 

ありそうなところを、一応見たつもりだが無い、無い、無い…

 

商品の棚卸をしていたアルバイトの大学生のお兄さんに尋ねてみたが、大学生のお兄さんもわたしと似たような思考で和カラシのあるあたりを探したりしている…がみつからず。でベテランの社員さんを呼んでくれた。

 

意外な場所に置いてあった…なんで…

で、あった…のだが、こんなとこに??というところにあった。

「マヨネーズ、ドレッシング売り場」である。

初めから、マヨネーズ売り場にはない。と思い。探す場所の対象外にしていたのだ。

しかも、粒マスタードもキューピーのものから、MAILLEのもの、なんとハニーマスタードまでもが売っていてなかなかの品ぞろえである・・・

野菜サラダとマスタードは一緒に食すものなのか?という素朴な疑問を抱きつつ、(手作りドレッシングとかならアリかもですが…)無事購入。

 

 

 

作り置き生活に関する考察week2(週半ば)

作り置き生活2週目の週半ば。気づき、実際の食卓、課題とか。

 

気づき

生ゴミが出ない…これは素晴らしい。

(そりゃ、そうだ…ほとんど加工作業してないのですもの…)

真夏の生ごみにまとわりつくコバエともおさらばである…

作り置き生活をしての新たな気づき。であります。

 

3日間で生ごみらしきものは、卵の殻、バナナの皮、野菜のちょっと汚いところ、鶏胸肉の皮。

こんなとこである。スーパーの袋詰め台のところにあるクルクルと回して取るカサカサビニール袋半分にもならない量。

 

料理をしてめんどくさいポイントとのひとつに、わざわざエレベーターでゴミ置き場まで移動して生ごみ捨て、というのがあるのだけれども、この問題が解消されるかと思うと、作り置き生活はやはり悪くないなあ。と思う今日この頃。

 

実際の食卓

2017/2/20

作り置き茶色系おかずとその場で作った白菜の煮びたし

 

f:id:hirokows:20170223010107j:plain

2017/2/21

鶏胸肉をオーブンで低温焼きと野菜炒めを当日作る。あとは作り置き。

低温で焼くと、細胞の破壊がゆっくり進むらしく、おいしさ水分が保たれる。

 

f:id:hirokows:20170223010129j:plain

2017/2/22

白菜の煮びたしとお蕎麦を茹で、ほうれん草を電子レンジで火を通したこと以外は全て作り置き対応。

あまりにも茶色系おかずだったため、卵は二つに割って黄色を出し、ホウレンソウの緑でいろどりを出す。

 

f:id:hirokows:20170223010214j:plain

 

課題

めしフォトの難しさ。脱社食見本風写真…

いままでは一点アップ主義めしフォトを撮ることが多かったのですが、今回の作り置き生活検証特集ブログでは事実をありのままに記録しようと、全体をのぺっと写真を撮ってます。

最近のこの社食見本風写真が微妙すぎてちょっとイヤになる。白熱電球の元は色合いもイマイチだなあ、とか。

せめて、ロイヤルホストのメニュー表みたいな写真を撮りたいのだが…

(レフ版とかライトとか欲しいなあ。とか余計な事を考える今日この頃。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京王百草園の梅訪問記(2017/2/19)

京王線の車内の吊り広告でわりとみかける日野市にある「京王百草園」に行ってきたのでそのときのことを。

ここは夏の紫陽花、秋の紅葉が有名。この2シーズンは行ったことあるけれども、梅の季節は初めて。

 

テレビの影響力

わたしが身をもって体感しているのが、

見どころの花情報や観光スポットに関し、世間的にものすごく影響力があるのが、NHKの18時45分頃からと20時45分ぐらいからの関東地方のニュース、天気、その他情報をやっている番組で紹介される(正確にいうと映像が流れる)旬のよさげな風景や観光スポット。

ここで取り上げられてしまうと、その週末の良さげスポットは大混雑…である。

 

で、この京王百草園…さすがにNHKでは取り上げられてはいなかったのだけれども、民放のニュースやMXテレビで梅見ごろ、ということで紹介されていたっぽい。(他のお客さんの会話をチラ聞き)

…というわけで、わたしが入園した9時半頃は人まばら、であったがわたしが帰る11時ごろは「こんな郊外の山のてっぺんの急坂の上の庭園にこんなに人が…」というくらい入場口が大行列であった…

 

樹齢300年の銘木

ミーハースポットをまずは攻めます。樹齢300年の梅の木。「寿昌梅」というおめでたい名前がついてます。通常の梅以上に幹と枝の存在感が満点…

ですが、もっと存在感が満点だったのが、この木を中心に甘味処やらお土産露店が並んでおり、布ののぼりがわりと存在感満点。

なんとか太い幹で隠すのと、地面を入れないようにして…

花を撮ることより、余計なものを省くことに夢中…本末転倒…

隠す努力。っていうやつです。これは写真教室に通ってから教えてもらった心がけ。のひとつです。

「公園等で人工物が入ってしまうのはやむなし、なこともある。だけど隠せる努力は一応してみましょう。」

f:id:hirokows:20170222005416j:plain

 

吊るしびな

園内にある古民家のなかでは、期間限定のお飾り。お雛様の段々と天井から揺れる吊るしびながにぎやかで、お飾りや手作りお雛様もひとつひとつ違っていて、いつまで見ていても飽きない。

いちばんかわいかったのが、ウサギのおひなさま。

お盆の上にうさぎさん、ひし形のお餅もちりめん生地でミニチュア手作り。

かわいい。

f:id:hirokows:20170222005808j:plain

山の上から

この京王百草園は園内も坂ばっかです。いつもは庭園のてっぺんの展望台まで行くことはないのですが、登ってみた。そこからの風景。

撮るというより観るのがいい感じな展望台。(あまり開けていない)

この日はナイキのスニーカーで呑気に来てしまったので景色よりも足元に気を取られる。

京王百草園来るならトレッキングシューズで来ると快適に過ごせます。

f:id:hirokows:20170222010058j:plain

 

このあと…

当初の予定では「東京ゲートブリッジ」まで日野市から江東区まで大遠征する予定でありました。

というのは、前日の2017/2/18は東京ゲートブリッジ越しに見える富士山がダイヤモンド富士になる。という貴重な日でありました…が、曇りで天気悪かったので行けずじまい。

で、ダイヤモンド富士翌日ってのは、諦めきれなかった人がちょっとぐらいダイヤモンド富士にならなくてもいいや、で撮影してる人がどの位いて、日没太陽はどの位富士山の頂上からズレるのかを社会実験調査(もちろん撮影も)をしたかったのでありますが、気が変わり昭和記念公園に行ってきました。

昭和記念公園早春撮影日記(2017年2月19日) - ひろこの自由研究

 

 

 

 

 

昭和記念公園早春撮影日記(2017年2月19日)

日野市にある京王百草園にいったついでに、昭和記念公園にもよってみたので、そのときのことを書いてみる。花の観察日記、春の本番迎えてのお花の準備(上から目線?)、そしてちょっと残念な発見のことも。

 

この日は時折風がびゅんっ吹き、ちっちゃい系の花を撮るのがキビしかった。あとは雲一つない良い天気だったため写真日和というよりは散歩日和。(この日一日で23,000歩歩きました…)

 

花の観察日記(全て2017/2/19午後撮影)

花木園という表示があるところでの一枚。

天気よすぎ…雲一つなし…でありますが、

昭和記念公園自衛隊立川駐屯地が隣にあったり、そんなに離れていないところに横田基地があったりするのでわりと飛行機雲っぽいものが発生しやすいことが今回の発見であります。

梅の花の満開、の言葉の定義がイマイチよくわからんのでありますが、(梅はとにかく枝が目立つ。自分的には)咲き誇る。という表現が園内梅全般に言えるかんじ。

f:id:hirokows:20170221001717j:plain

 

 

スノードロップ

枯れ葉のふわもこ&しろいしずく、な可憐な花を表現したかったのだが…
わたしとカメラが枯れ葉まみれになり、匍匐前進体制で寝そべって頑張ったのではあるが、単なる湯煙写真となった…要研究&要集中力。

f:id:hirokows:20170221001749j:plain

セツブンソウ

ここは匍匐前進ねそべり、にはなれず(スノードロップの植えてあるところはアスファルトの通路なのですが、ここは土)しゃがみ込み撮り。

年々数だけは増えてる感じなセツブンソウ、なのでありますが撮るの難しい…花はあっちむいてホイ系のいろんな方向に向いて咲いてるし…

f:id:hirokows:20170221002014j:plain

 

来たる春に迎えた準備状況等の調査

チューリップ

毎年恒例の場所で球根から一センチほど芽を出してるのが多数。こんなちっちゃな芽が4月の半ばになると立派な満開チューリップになるのか~と思う。

 

菜の花

おひたしにするとおいしそうな若葉が10センチほど生えてる場所多数。ビニールシートに覆われてました。

桜&菜の花が今年も期待できそう。(菜の花は高さ10センチほどなのにすでに咲いているのもあった…暖冬の影響?)

 

残念なこと

砂川口あたり、春夏になるとポピーや向日葵が植えられる場所の至近にわりと目立つマンション建設中…青い空とひまわり的な写真が撮りづらくなりそう。