ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

読書

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室 読書感想文

Amazonプライム会員月間一冊無料、の対象になったので読んでみた。 あらすじは、 料理が苦手な人たちをお料理上手にした料理教室での試み。みたいな内容なのだけれども、(塩、オリーブオイル、と食材ひとことでくくっても、いろんな銘柄を味見すると…

ウェブとはバカと暇人のもの(中川淳一郎著)読書感想文

…刺激的なタイトルの本である…ネットとの付き合い方(=わたしの場合だと単に時間の使い過ぎ)を振り返る良いきっかけになった本について書いてみる。 きっかけ 5月になって仕事内容が今までやった事がなかったことを担当することになり、いろいろ慣れないこ…

アサヒビール30年目の逆襲(永井隆著)読書感想文

イチ株主としてのお勤め(経営成績、財政状況の把握)は全くしておらず、配当金と株主優待のビールのみにしか興味のないわたし…夏の暑さはニガテだが、夏の暑さに比例してアサヒビールの株価は緩やかに上昇することが多い。家に帰ってからのビールとささやか…

勝ち続ける意志力(梅原大吾著)読書感想文

梅原大吾さんの本を読んでの、感想文、というかインパクトのある漢字一文字にわたしが心揺さぶられ、ちょい実践してみたことを書いてみる。 きっかけ …わたしはゲームは全くやらないのでその技がどのくらいすごいのかとかはよくわからないのだけど(動画とか…

多動日記(高城剛著)読書感想文

秋の読書週間…にむけて、夏の読書習慣(週間ではない)が最近付きつつある今日この頃…習慣がつくのはいいが、天気がイマイチで外にあまり出かけられないためのインドアな生活…花火も向日葵もまた来年~。ああ無念… 高城剛さんの本を読んだのでそのことを。 …

君の膵臓をたべたい 読書感想文

きっかけ わたしはあまり小説は読まない。最後にお金出して買った小説は「火花(by又吉先生)」なくらいである。そんなわたしがちゃんとお金出して買ったこの小説。その理由は 「この本が映画化されるにあたり、主題歌をミスチルが担当した。」 それだけであ…

インベスターZ18巻読書感想文その2

インベスターZ18巻の感想文のつづき。 前半↓モテ男子の必須項目は生き方としては「自信を持つこと」そして、金の延べ棒を持てば、株式投資ギラギラ男子ではなく、金、なんて堅実な投資、運用男子だわ~で女子イチコロ…金のキラキラであっという間に女子の心…

インベスターZ18巻 読書感想文①

わたしの愛読漫画である投資&人生指南漫画の「インベスターZ」 気が付いたら18巻まで出ていた。17巻、18巻をキンドルにダウンロードして読んだ。 17巻はあんまりおもしろくなかったので、18巻について書いてみる。 モテ男になるためには… 注:この漫画は真…

最小限主義。(ミニマリズム本読書感想文)

わたしがうんざりするなあ。と思うことに、 ・やることが多すぎる。 ・休むほどではないが、体調が微妙に悪い。 というのがある。最近は「やることが多すぎる。」がうんざり要因。しかもこのやることが多すぎる。というののモトの元凶はほとんど自分にある。…

ぼくたちに、もうモノは必要ない。読書感想文(慣れ、飽き、買う、のぐるぐる)

先週末借りた本… 振り幅が大きすぎる…おやつ作りの本からブロックチェーン本、断捨離本…迷走してます…で、この借りた本のなかの「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」の読書感想文を。 ちょっと前までわりと書店で平積みにされていた、元祖ミニマリストさん…

わたしのウチには、なんにもない。3読書感想文(捨て後のお悩み解決編)

マイブームの断捨離本… 心にささるフレーズを求め今日も読む。 …本読んでなにも考えたり、行動しないのはもったいない… 心にささるフレーズを見つけたら、実行あるのみ。 捨て変態シリーズ本の3巻め、この巻では、 捨てより、モノとのおつきあい方法につい…

全捨離のすすめ 読書感想文

毎月はじめは通勤途中にアマゾンプライムで一冊無料の本を借りて、軽めの本だったら通勤の行き帰りでほぼほぼ読めてしまう。 そんな軽め本を今月はアマゾンプライム無料で読んだので、読書感想文。 最近ブームの断捨離気分を盛り上げる本…のつもりで借りたの…

わたしのウチにはなんにもない2読書感想文(捨てのK点越え目指す。)

捨て変態ことゆるりまいさんのご著書を図書館で借りてきたので読んできた。 最近のマイブームの断捨離熱を絶やさないための心に刺さる一文を求めて図書館で借りてみた。 本自体はかわいいイラストの漫画で構成されており、ミニマリストの方々のご著書にある…

「生産性」伊賀泰代著 読書感想文&実践的実験始めます…

伊賀泰代さんの「生産性」 このなかに当初読んだときは、若者向けの文章かなー、と思ったところがある。 (本自体はどの年齢層にもなるほど。なことがたくさん書いてある。) さすがにこの年になって、「成長ってなんだろう。」なんてあまり考えたことがなか…

中毒なのか?好きなのか?(「ソース」あなたの人生の源はワクワクすることにある。より)

今年は沢山本を読もうかと思いつつ、すでに第一四半期終了。…多少のズルをしてなんとか冊数を稼ごうとあがいております。再読本もカウント。ということで…(読んだ本に対し、一番心に残ったこと3つ、まあまあ心に残ったこと、実践したいこと、をノートに抜…

レクレーションとリ・クリエーションの両建て(「ライフ・シフト」を読んで思ったこと)

今年にはいってから、時間を使うこと。=時間の消費。という図式を避けるべく、自分自身を振り向けているつもり。 理想は 時間使うこと。=投資の時間。である。 ただ、日々最低限の家事だったり仕事だったり(仕事も投資、となれば理想なんでしょうが…)が…

自分の時間を取り戻そう(ちきりんさん新作 読書感想文)

ちきりんさんの最新作「自分の時間を取り戻そう」が発売されたので、キンドルにダウンロードして読んでみた。 一年を振り返るにあたり、いい本を読んだなあ。と思った。 最近のわたしの最大の関心ごとは時間の有限さ、なのだ… 以下感想文。 <刺さったこと、…