読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

1000円回数無制限脱毛サロンの謎解明。

日常

 

f:id:hirokows:20160914221231j:plain

よく電車の中吊りとかにある

「お好きな個所の脱毛、1,000円通いたい放題、回数無制限。」とかの大手の脱毛サロンの広告。(最近では500円、通いたい放題ってのもあるみたいですが。)

写真はモロバレであるが、私が通っていた某大手サロンの会員証。

昨年から、一年ほど、大手の通いたい放題、回数無制限に通ってみたので、そのことについて書いてみる。

 

通いたい放題1000円、の謎は解けた。騙されたとかではなく、なるほど。のシステム。

そして、心配していた押し売り系なことは一回もなかった。(自宅から歩いて5分のとこに通っていたので、サロンに行くときは財布を家に置いていく用心を図っていたアホな私である…)

施術してくださる方も感じの良い方ばかり。美容系だといろいろ胡散臭いことを当初思っていたけれども、そういうのは一切無かった。

 

効用もまああった気がする。

 

その1…通いたい放題の謎。

…ライトを当てる方式の脱毛だったのだが、このライトはあまり頻繁に照射することができなく、月1回。(目にもゴーグルをはめて施術を受ける)

毎日バンバン通って、毛とおさらば、する方式ではなく、すこしづつ毛が生える周期を長くする。みたいな感じ。

通いたい放題といっても月一回…である。

 

その2…価格の謎。

申込み時にお金を一括(といっても1,000円払ったのみであるが)払ったのみ。

脱毛サロンに行くお客。というのは大きく分けて、

①全身脱毛希望

②部分脱毛希望

この二つに分けられる。

おそらく利益率が高いのは①のはず。(全身脱毛では当然通いたい放題1000円的なものは存在しない。通いたい放題系は②)

部分脱毛の顧客の予約は、サロンで施術されたその日に翌月予約を取るのではなく、一か月後の適宜な日に自分でネットで予約をする。というシステム。(全身脱毛の顧客は次の月の予約もその場で取れる)

 

…この一か月後の適宜な日…ってのが、予約が埋まっていて取りづらい…

おそらく全身脱毛客が来ない空いている細切れの時間を部分脱毛の顧客に開放している、と思われる。

途中で予約取るのがめんどくさくなり、行かなくなった。なんてケースが沢山ありそうだ。(どうせ1000円だし…)

 

広告ではわからないこともあるんだなあ。の学び。