読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

ブックセンターいとうで本売却(すべてに値段が付いた…)

写真は今回私の手元から旅立った本第一陣。

f:id:hirokows:20161221014548j:plain

ここ数年、用をなしたもの、もう読まない本の新たな旅立ちとして、

ブックオフに本を送っている。(宅配業者が自宅まで引き取りにきてくれる宅本便を使用)

 

わたしの予想だと左側にあるここ最近流行っていた「フランス人は10着しか服を持たない」「続フランス人は10着しか服を持たない」にかろうじて200円くらいの値段がついて、合計400円、あとは値段がつかない。もしくは10円くらい。な旅立ち価格を予想。

本の簿価…合計15,000円以上

本の時価(売価)…合計1000円にもならない。

がわたしの予想であった。旅立たせる本があまりにもメジャー本すぎる、しかもメジャーになったのが相当昔なので。というのがその理由。

しかも、今回は大胆にブックオフで買った本をそのまんま値札をつけて他のお店に持ち込み、旅立たせる。なることまでやってみた。(ブックオフ値札シールが剥がせなかった)

 

(きっかけ)

夫いわく、ブックオフより高く買い取ってくれるところがある。と。

そこでは最低でも10円で買い取ってくれるはず。値段が付かなかったということはない、過去の経験から判断。

なんだそうだ。

 

ブックオフの宅本便は、後日自分のマイページを見ると、どの本がいくらで旅立っていったかが判るのだがかなり値段が安い。200円つけば上等。だいたいは10円、とか。1円…なんていうお餞別もあった…旅立ちのお値段としてはちょっと寂しい感じ。対面店舗だともう少しマシか、くらいに思っていた。

ブックオフから本を旅に出す。はそんなもんかな~。なんて思っていたわたし。

特に宅本便は宅配業者の手間賃がかかる分、旅立ち価格は安いのかなあ。と。

でも、いちいち車で持ち込んだり、査定時間待ったりするのがめんどくさいので、まあいっか。と。

 

持ち込み先は「ブックセンターいとう」である。(本社が八王子で八王子市や多摩市近辺に対面店舗は集中している。23区内には無さそう)

…存在すら知らなかった。

 

(結果)

夫も旅立ち本があるみたいなのでブックセンターいとうに私の本も持ち込んでもらう。

夫「いくらだったと思う?」

私「800円くらいじゃないの~?」

夫「お駄賃ちょうだい。」

私「へ?」

夫「なんと1680円だったのですよ。」

超びっくり…

明細を見せてもらったら、ブックオフの値札シールが付いた本もちゃんと値段がついていた。

f:id:hirokows:20161221014604j:plain