読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

迎賓館赤坂離宮夜間公開訪問記

ふだんは日中しか公開されていない迎賓館赤坂離宮が2016/12/24,25限定で夜間公開される、ということを知り申し込んでみた。(写真は全て2016/12/24)

 

(申込み編)

今回の迎賓館赤坂離宮夜間公開に関し、内閣府のサイトから申し込み、希望時間帯をいくつか選択肢、フォームから申し込む。という形。受け付けました的返信メールが来なかったため、本当に申し込めたかどうかは謎であるが、申し込めてたみたい。

ツイッターとかで見ると、抽選に外れた人もいたみたいなので、全員当選ではないみたい。

わたしは希望時間帯を17:15~を第一希望とし、17:30~第二希望、17:45~第三希望で申し込んだのだが、当選した時間帯は17:45~の回だった。

 

(行列編)

どれだけの人が押し寄せどんな状況かがよくわからないので早めの、17:00頃四ツ谷駅につき、そのまま迎賓館のほうに向かう。すでに行列ができており、迎賓館の正門あたりまで列が伸びている。(夜間公開の入り口は西門という裏口みたいなとこからで、正門から西門までは300メートルはあると思う。すでに300メートルくらいの行列はできてた。と推測)

警備の人が「予約してる人のみ中に入れます。列の後ろに並んでください~」と言っている。

…17:45予約のわたしらは並んでも良いのか…?警備員の方に確認したところ「時間関係なく列並んでください。」とのこと。

…早く来ればよかった…

その後待っている間の警備員の方の説明によると、

「皆さんはラッキーです。一つの時間帯(15分区切り)で150人しか当選してませんから。」

「昼と夜とでは建物の中の鑑賞ルートが異なるんですよ。」「昼と夜では全然雰囲気違いますよ。」

ということらしい。

↓正門前から撮影の迎賓館本館の写真。キヤノンの24-105標準ズームレンズの太さでは門の隙間にレンズが入らず無理やり撮影…)この位置から門のスキマにレンズ通して頑張って三脚持参で撮影してる人もいました…(これは帰り際に撮ってるので19時近くです)

f:id:hirokows:20161225002920j:plain

(入場)

当選メールのスマホ画面を見せる。17:45~の画面を堂々と見せたけどお咎め無し。(建物の前に着いたのは17:25でした。)

わりと厳しめ荷物検査(X線通すやつ)と飲み物持ってたら一口飲んでください検査あり。

入場料は今回は一人千円なのだが、券売機は二千円札(?)と千円札しか使えない。

 

(ライトアップ迎賓館本館にて)

24ミリの幅では全景が収まらない。という予定外の事発生。

そのくらい幅広。写真は建物の外観のみ撮影可能。

ライトアップはグラウンドとかにある夜間照明みたいなのが多数地面に一列に置かれていて、そこから光を当てている。

建物前で写真撮る人、すぐに中に入る人がわりとばらけるため、思ってたほどの混雑は無い…(が、写真撮るとどうしても人影が入ってしまいます…今回は消せる範囲でフォトショップで消してます)

↓正面玄関。(夜間公開時のみ、本館内部見学では玄関ホールの中が見れるっぽい)

f:id:hirokows:20161225003022j:plain↓全景

f:id:hirokows:20161225003128j:plain

(迎賓館本館内部)

…素晴らしいモノを文章で表現するのは難しい。(建物内部の写真は禁止)

一言でいうと、ベルサイユ宮殿の鏡の間によく似た広い部屋が沢山ある。鏡あり~の、シャンデリアあり~の、ただゴージャスギンギラではなく、ゴージャス空間の床全面が寄木細工になってたりとか、桜の花柄のじゅうたんとか、日本な感じともよくマッチしている。

さりげなく皇室の菊紋章や日本政府の桐紋章もあちこちの壁や天井に描かれている。

音楽に例えるなら、ヴィヴァルディの四季の春の楽章なイメージである。(この音楽がBGMとしてわりと流れてた。現地でも。)

…要人の方々は晩さん会だけじゃなく、会談とかもするみたいなのだが、こんなゴージャス空間で鏡やら、置物やらに囲まれて落ち着いて大事な話し合いができるのか??とも超小市民な自分は思ったのであった…

夫の感想だと「心が豊かになれる空間だよね。」なんだそうだ。

 

(今後機会あれば夜間公開にいかれる方への必勝法)

ヤフーニュースを見ていたら、今回の夜間公開が好評みたいなので、内閣府としてももっと積極的に機会を設けたい的意向があるみたい。

今回の抽選はもう終わっているけれど、今後またの機会の公開時に行かれる方への必勝法としては

・なるべく早めに現地につく。(今回だけかもしれませんが当選メールの指定入場時間は関係無かった…)

・1万円札ではなく千円札を持っていく。

・写真撮るなら24ミリより以下のド広角なレンズがあるとたぶん全景写すことが可能。

・わたしは日中の公開時には来た事がないからわからないけれども、夜のほうがの窓の外の暗さとの対比で、室内のゴージャス度がアップすると思う。(昼間シャンデリアに電気入ってるかはわからんですが…)

・迎賓館本館建物の前について写真撮って、中見て、出口出て。もう一回建物の写真撮って、でだいたい1時間半弱の所要時間。入るまでの行列は今回は20分程度だった。

・15分で150人、という人数制限は思ってたほど人わんさか、でないという印象。

建物出口出て、もう一度建物の写真撮りましたが、遅い時間ほど人わんさかになるな・・と思ってましたが、そんなんでもなかった。

↓迎賓館本館内部見学の入り口(手前の人が並んでいるところ)

f:id:hirokows:20161225003421j:plain