読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

本の断捨離(謎の異質本も思い出だけは取っとく)

…どんどん進めていきましょう。の断捨離。

本の断捨離断行…年末にあんなに処分したのに…簿価がいくら、とかは考えないこととする。残した本も半年以内に一度もページを開かなければ処分の対象とする。

あんなに処分したのに…は、

ブックセンターいとうで本売却(すべてに値段が付いた…) - ひろこの自由研究

本は読んだだけじゃダメなのよ。自分の人生の糧にしないとね。である。

 

処分対象本…

随分と自分の人生の糧になった感じでもったいない感があり処分できなかった系のものが結構ある。

f:id:hirokows:20170514112208j:plain

 

異質本一冊に関し簡単にコメント…

「小笠原を歩こう」

小笠原諸島の父島に関する本。旅行ガイドのるるぶ的活用できるかな。と思い数年前に購入。

ここ数年で出かけた場所で一番遠いかつ夢見ていた場所の理想と現実、みたいなことが良く分かった場所が東京都亜熱帯区の小笠原諸島の父島である。(理想…パラダイス天国・・まあこれはその通りであった。現実…往復50時間船で揺られるのはきつい)

ずっと行きたかったところだったので、良い思い出であることには間違いない。この本もずいぶんと役に立った。

が、往復船で50時間近く。ということと、いいところであることには間違いないのだが、毎日代わり映えのない南国風。なので、写真的にはそう何度も行くとこではないのである…

本を読んでの大胆行動?といえば、

この著者さんは「小笠原さん」という方で(本名らしい)東京から小笠原に移住された方なのだが、このガイド本の語りもなかなか面白く、どんな方なのかな~と思い、実際小笠原さんのガイドツアーでトレッキングにまで参加してしまった…

…飛行機でのアクセスが可能になったらまた行きたい。(空港建設はムリっぽいが)

いつ行くかわからないので処分。

f:id:hirokows:20170514112229j:plain

生き残った書籍

一段の奥とその前に本ぎっしり×2段

9月の台風シーズンでどこにも出かけられなくなった頃までにに一度もページを開かなければ処分の対象とする。

f:id:hirokows:20170514112254j:plain

 

今年買った本…

去年の年末に本はがっつり処分をした反省を生かし、なるべく書籍は図書館か電子書籍kindleで買う、それでも欲しいなら(kindleかされてないものとか、即読みたい系)書籍そのものを買う。ということにしていた。

わたしは読書したものは抜き出し選り抜きメモなるものを付けてるのでその抜き出し選り抜きメモによる年初から2017/5/14までに本は40冊読んでる。そのうち実際に購入したものは↓

f:id:hirokows:20170514112331j:plain

 

随分減ったいい感じ…ああもったいない…と思った気持ちが一応形に具現化されている感じ。

この勢いでCDやらDVDの処分に行きたいところであるが、「持ってなかったらまた買うの?」の観点だと「買います。」の即答なので今回は見送り…