ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

プロフェッショナル仕事の流儀で紹介されていたコールスローを作った件

NHKのプロフェッショナル 仕事の流儀で伝説の家政婦さんである元フランス料理シェフのタサン志麻さんの特集が放映されていた。番組内で紹介されていた(正確にいうと続きはWEBで。みたいな感じになっていて、料理レシピは番組のサイトを観ると動画で紹介されている。)料理を作ってみた。

「NHK プロフェッショナル仕事の流儀 コールスロー」とかで検索すると動画にたどり着く。

このサイトを観ると、コールスローサラダのほかにも、わたしのやり方だと電気釜で作る方法しか知らなかった鶏ハムをガスコンロで作る方法が紹介されていたり、(片栗粉をまぶすというひと手間がおいしさ、しっとりのコツらしいが)この鶏ハムもいずれやってみようかな。である。

 

 

タサン志麻さん風コールスロー

キャベツを千切りにして(動画を見た限りでは千切り風であった…そんなに細くなかった)沸騰したお湯で一分茹でる(というか浸す)。

ゆでたキャベツに生のままの人参等の野菜を切り刻んで一緒に絞る。

きちんと絞ると長持ち。

めんつゆで和える。マヨネーズ不要。

 

動画は1分くらいのわりとあっさりしたものだったのだが、(動画の最後に具体的な分量も出ているので、わりと良くできた動画だと思う)

なるほどな~という大事な説明があった。

食材の長さはなるべく一緒にしましょう。というさりげない解説。

 

 

タサン志麻さん風をわたしなりにガチで作る。

キャベツ、人参を千切りにする。なるべく長さを一緒にする。

キャベツを沸騰したお湯に塩を入れて、さっとゆでる1分。(塩分はちょこっと。パスタを茹でるほどのド海水濃度では無い)

ざるに移して、アッチッチの状態のキャベツに千切り人参を混ぜる。余熱で人参にも火が通る。

そのあと、きちんと絞って、めんつゆで和える。

…実際やってわかりましたが、めんつゆの希釈度にもよるとおもうけれども、わりと少しの量で十分に味が付く。(今回は生のままでごはん茶碗2杯分くらいの野菜でめんつゆ小さじ一杯で大丈夫だった)

どっちかといえば、コールスローというよりおひたし風。あっさりいくらでも食べられる。

 

恥を忍んでわたしの我流作り方

キャベツと人参を千切り風(千切りと言い切れないところが残念である)に刻み、塩もみ、その後キューピーのコールスロードレッシングで和える。以上。である。

…たまに塩もみの塩が多すぎ、えらくしょっぱくなったり、なかなか一筋縄でいかない…

 

こっそり告白。

 …めんつゆ、は果糖ブドウ糖液糖が入って居るので、リストラ対象であったのだが、もうしばらく活用させていただくことにした…

…声高く、千切りにして、長さそろえて、とエラそうに書いてしまったが、写真だと千切り風、であった。なかなかいつものお作法は改善されず…

f:id:hirokows:20180524230205j:plain

 

 

 

 

 

勝間塾2018年5月月例会視聴記その3

4月より再参戦している勝間和代さん主催の勝間塾の月例会講義をWEB聴講したのでそのことを。

その1生き金と死に金、地位財と非地位財

勝間塾2018年5月月例会視聴記1 - ひろこの自由研究

その2意思コストをかけすぎない。失敗を恐れない。

勝間塾2018年5月月例会視聴記2 - ひろこの自由研究

以下その3

精神のボラティリティの上げ禁物。

ボラティリティ…金融用語のひとつ。まるっと表現すると、このくらいに期待した収益はなるであろう、という予測値との乖離度合のこと。

ボラティリティが高いこと(乖離が大きい)は投資においてはあまり好ましくないことが多い。

 ローボラティリティが理想なのでありますよ…

 

今回の月例会はお金の投じ方にかかわる方法論、というのが主なテーマだったのだが、そのなかで、投じるにあたっての意思決定にあたり、普段の生活での気分の上げ下げもなるべく避けた方がよろしいんじゃないか。という話があった。ここで、精神のボラティリティは上げない。なる表現があった。

衝動買い、判断力の誤り…まあ自分の過去を振り返ってもだいたいこういうことをしてしまうときは、なんか気分が盛り上がったとか、疲れているとか、あまり普通じゃないときにやっていることが多い気がする。

 

実はわたしが最近一番気を付けているのが、

「自分の状態(体調、気分)をなるべく一定に保つ。」

ということである。

今回の月例会では、お金を使うときの意思決定力に影響を及ぼさないように、気分を一定に保つのが良いんですよ。ハレの日、ケの日、ご褒美の日とかはなるべく作らないで。みたいな話があった。わたし流に解釈すると毎日ゴキゲンでいましょう。である。

この体調、気分を一定に保つ、ってのはありとあらゆるところにつながっている感が最近するのである。

このことを保つために、いろんな施策を自分では行っているのだが、まあなかなか長年培った習慣とか行動とかはなかなか治らないのである。

この整える系のことはまた別記事にて。

(実は全く整っていないため書くことが無い、という残念すぎるオチ…)

 

 ↓エラそうなことを書いてしまったが、間違いなく精神的ボラティリティがマックスに高まることが避けられないイベントがなんとか当選した。(ミスチルが出演する野外フェス)

真夏の野外フェスに対応できるように、早く扇子を買い、そして、体調を整えてその瞬間だけははじけなければ…である。

 

f:id:hirokows:20180520222722p:plain

 

勝間塾2018年5月月例会視聴記2

4月より再参戦している勝間和代さんのオンライン・オフラインサロンの「勝間塾」の2018年5月の月例会のWEB視聴記の続き。

その1↓生き金・死に金、地位財・非地位財

勝間塾2018年5月月例会視聴記1 - ひろこの自由研究

その2↓

思考を深くする。

なにかにお金を投じた際に生き金に投じたつもりが、結果的には失敗…あるいは、ついデキゴコロでまさかの死に金に資金を投じてしまった…なんてことはよくあることである。

が、ここで、ああしくじり先生…とため息をつくのではなく、

なぜにそうなってしまったのか?と過去を振り返り、今後はこうしよう。と未来に向かう、ということを繰り返すことが大事である。という話があった。

…わたしの閻魔帳の価値ある支出、価値無支出のメモによれば、最近の価値無支出はちっちゃいところで、サーモスボトルを家に忘れたことによるテイクアウトコーヒーの購入。というものがあるのだけれども、これも

何故にそうなったのか?朝慌てて家を出ること自体に起因。

テイクアウトコーヒー買ってどうなったのか?味イマイチ、ぬるくなってしまった。結局一杯じゃ収まらずもう一杯。カフェインの摂取量という面でもよろしくない。

今後どうしたいのか?朝慌てない。

…まあこんなコーヒーのボトル家に置き忘れただけでも真面目に因果関係を分析するといろいろなネタが浮かぶものである。

 

お金を投じることに関する「意思コスト」

一定額の貯蓄をノー意思コストで行ったら(いわゆる天引きで貯蓄)次はなにかにお金を投じる。が、節約しなきゃ。失敗したくない。という意志コストが効きすぎて、本来なら買ってもOKなものを買わなかったり、はよくない。なる話があった。

買う前に大いに考え、調べても結果的に失敗もおおいにアリなのである。買わなきゃわからないこともたくさんある。

百発百中を狙って考えすぎない。

投資が浪費になることを恐れない。

 

最近のわたしは、「ホントに必要?」「ホントに欲しいの?」「ホントに気に入ったの?」というのが買い物の軸なのであるが、この掟に則ると大抵のものを買うのになかなか踏ん切りがつかなくなる、考えすぎるとむしろ緊縮したちっちゃい世界で不便な世界でしか生きられなくなってしまう。

去年の夏、お気に入りの扇子を日産スタジアムミスチルライブにて)に落としてきたわたし。

最近はその代替品を探しているのだが、これまたなかなか決まらない。暑くなるまでになんとかしたいのだが、それに近しいものはネットで見つけたり、実店舗で見かけるのだけれども、購入には至らない。

ちなみに購入における意思決定のための重要要素は、

「扇子の生地が布であること(紙はダメ)」

「匂いがついているのもダメ(わりと扇子はほのかな昔風な匂いがするものが多い。特に紙製)」

…まあこれだけのことなのだが、これらの条件を二つの条件をいい感じに満たすものが今のところ無く、なかなか決まらない。柄はオーケーだけど、材質がダメとか。悩んでいるうちに夏到来となりかねない…いっそ妥協して100均の扇子か?であるが、これまた自分の軸を大いに乱す行為(ホントは欲しくないけど、超妥協して…)になるため、その後の因果関係を考えると、たかが100円を投じたことなのに、毎日扇子であおぐたびに、ひとりウダウダしくじり先生になりそうである。

…と今回の月例会までは思っていたのだが、

もしかしたら意外とひと夏限定使い捨て、と考え割り切り100均扇子購入使用もありなんじゃないか。とちょっと考えたりもする。自分の軸がどうの…と言っているうちに熱射病になってしまってはあまりにもアホすぎる。

100均の扇子を使った事ないのに、ダメと決めつけること自体もよろしくないのである。

 

しつこく月例会視聴記はその3に続く。

わたしが最近超思っていることを「ボラティリティ」なる金融用語を使って表現する件、についてその3、に続く。

 

↓近々試される思考と意思コスト…

ルクルーゼのセールDM…もう十分に皿は十分にある…が色が気に入らないものを入れ替えたい。が、その入れ替えに値する皿はあるのだろうか??そもそも皿は十分あるじゃん。とか。そんなに入れ替えたいなら定価で買うべきじゃん、とか。

f:id:hirokows:20180520113623j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝間塾2018年5月月例会視聴記1

ここ数年、メール会員での勝間塾参戦であったのだが、月例会会員に2018年4月より再参戦…5月の月例会をWeb聴講したので刺さったことなどを。

 

月例会テーマは、人生が豊かになるお金の使い方、である。

 

これまでのわたし

ここ数年、閻魔帳なる日記をつけているのだが、この閻魔帳には価値ある支出、価値無し支出、なるものも記録事項として書かれている。

ここ数週間での例を挙げるのなら…

価値ある支出…ハンカチタオルを今治タオルのものに買い替えたこと。吸収力、速乾力ばつぐん。雨が降ったときはハンカチタオル二枚体勢だったのだが(洋服拭き用と普段の手拭き用)1枚で足りるということが判明し、もう病みつき…

 

価値無支出…会社で買ったテイクアウトコーヒー。家出るときに慌てて出たため、サーモスタンブラーに入れていたコーヒーを鞄に入れ忘れた。コーヒーはだんだんとぬるくなるわ、味がイマイチだったり、とか。…まあちっちゃい価値無支出である。

 

生き金と死に金

わたしのお金を使う定義は価値あるかないか、をなるべく考えているのだけれども、これはこれでまあ有用な考え方ではあるのだが、今回の月例会ではお金の使い方に関して、

生き金…目標に近づくためのお金の使い方。将来のキャッシュフローや時間を生むもの。

死に金…目標に遠ざかるために使ってしまうお金。将来のキャッシュフローや時間を減らすもの。

 

なる話があった。生と死…価値ある支出、価値無支出…よりもよっぽどインパクトある表現じゃなかろうか。

今治タオルやらコーヒーやらのちっちゃい支出だって、生き金、死に金、なんて考えるとモノ買うときはちゃんと考えないとね。である。

 

 

地位財・非地位財

①人間には相対的な消費が重要だと感じる領域がある。

②相対的な消費への関心は地位財獲得競争を生む。地位財に的を絞った支出になりがち。

③地位財獲得競争に陥ると資金が非地位財に回らない。幸福度が下がる。

 

地位財…他人との比較。他人にどう思われているか。

非地位財…自分にとって良いモノ。他人との比較ではない。

…ここ最近のポイ捨て活動(いわゆる断捨離というやつです)により、このことはよくわかる。本当に好きなモノ、他人の目を気にしないもの、にお金を使うことが本当に楽しいし、幸せである。

が、わたしも一定の地位財は大好きである…これは自分が本当に心から好きなのか?それとも他人の目を気にしているが故に好きなのか、が分からなくなりましたよ…である。

 

わたしが好きなとある地位財…

実は今回の講義を聞くまで、これが地位財の代表例ということは気にしたことが無かった。

それは、スペインのデザイナーシビラの洋服である。

ひとことでいうと、デザインが美しい…である。

わりと好きで一時期はお店からお得意様セールのDMまでいただいていたのだが、ここ最近はあまり買っていなく、過去の遺産を着ている、が、まあ色あせない…のである。流行おくれとかは全くない。

が、シビラの洋服はユニクロの洋服とは違い、わりと生産数が少ないと思われる。

これも値段が高くなる要因のひとつ。

 

シビラの洋服を着るとたしかに気分はアガる。

が、なんの価値も生まないのである。わたし自身の価値がアガるわけではない。

そもそも、他人の洋服をそんなに見ることなんてないし…自己満足の域なのである。

ホントにシビラの洋服の哲学に惚れて買うのならアリなのだが、そこまで惚れているわけではないわたし…

おそらく良い印象を与えたい。で買っていた感が強い。

 

人生によりよい変化を生むものにお金使いなさいよ。である。

 

長くなりそうなのでブログ、続きます…

 

↓10年選手のシビラのワンピース&カーディガン。上半身の切り替え部分が秀逸なのですよ…

f:id:hirokows:20180519222305j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩合光昭の世界ネコ歩き2 番外編(日本橋三越 2018/5/12訪問)

日本橋三越で開催されていた岩合光昭の世界ネコ歩き2写真展にいってきた。(2018/5/12)
以下、番外編…
ライオンになりたかった猫…
新館入り口のとこ。期間限定の置物っぽい。

f:id:hirokows:20180514230641j:plain

二頭とも猫。
 

f:id:hirokows:20180514230705j:plain

斬新スタンプラリー
版画多重刷り風。スタンプ台紙とともにどのフロアのどこにスタンプ台があるかが記載の紙を渡され、この紙を元にいろんなフロアに置かれているスタンプ台で押し押し。(全部でいろんなパーツ毎に6個ある)
…全てエスカレーター近くにスタンプ台はあるのだが、日本橋三越は建物の構造が吹き抜けになっているため、上ってきたエスカレーターの反対側にあるエスカレーターはどこかね…なんて感じでウロウロ…
色もカラフル、斬新なスタンプラリー…(この台紙ははがきとしても使用可能である)
 

f:id:hirokows:20180514230535j:plain

 ↓
スタンプラリーの原型

f:id:hirokows:20180513215257j:plain

 
 
 
 

岩合光昭の世界ネコ歩き2 訪問記(日本橋三越 2018/5/12訪問)

日本橋三越で開催中の岩合光昭さんの新作写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き2」に行ってきたのでそのことを。(訪問日 2018/5/12 夕方)

 

カワイイ…それ言葉が見つからない…

写真展はNHKのBS番組で放映中の「岩合光昭の世界ネコ歩き」の放映内容がふんだんに盛り込まれたもの。

カワイイ…以外に言葉が見つからない…

 

カメラ目線じゃない猫、いったいどうやってこういう都合のいい場所(良い景色)のところで、ネコがいい感じに被写体になってくださるのか…である。

写真展自体は写真撮影できないので、撮影OKだった写真展の出入り口に貼ってあったパネルを…

 

ブラジルの海岸にて…

海岸の主…どうやって撮るの??望遠でどの辺から狙うの??である。この写真はチラシなどでも使われているショット。

f:id:hirokows:20180513215257j:plain

アラブ首長国連邦にて…

砂漠にもネコは住んでいるらしい。

このパネルでは写ってないけど、実際の写真展での作品には猫のあしあとがくっきりと描写されていた。

物販コーナーの写真集をチラ見しましたが、猫が出現するまでひたすら待つんだそうだ。

 

f:id:hirokows:20180513215545j:plain

 

 

 

 

プリンスエドワード島

赤毛のアン島にネコがいるのか…である。

 

f:id:hirokows:20180513215621j:plain

学び

岩合さんはわたしはネコ専業フォトグラファーだと勝手に思っていたのだが、動物写真というジャンルの作家さんであることを、物販コーナーでの書籍により知る。

動物って、どうしてもわたしが撮るとザ・図鑑…になってしまうのだ。

目にピント合わせること以外どうしてよいかわからないことが多い。

風景写真は気合で待ち伏せ、場所取り、三脚、でなんとかなる部分もあるけれども、動物って本人の努力以外の偶然のめぐりあわせ&三脚無でもバシっと撮れる技量とかいろいろ難しいとこがあるのに、このような夢があって、ほんわかいい気分にさせてくれる物語がある岩合さんみたいな写真っていいなあ。と思ったのであった。

 

おまけ

この写真展のほとんどが海外ロケのもの。日本でのロケは瀬戸内海の島の男木島、青島、のふたつ。男木島は瀬戸内芸術祭のときに行った事があるけれども(ネコ目当てではなく、アート狙いで)青島には行った事がない。

このふたつの島は人間よりネコの数が多いっぽい。(単純に喜んではいけない問題も多々あるとは思うけど)

行ってみたいところにグーグルマップでお印をつけておいた。

 

 

 

奥四万湖訪問記(2018/5/5)

群馬県の山奥にある、季節限定湖の奥四万湖に行ってきたのでそのことを。(2018/5/5)

季節限定湖なのは、農業用の湖(正確にはダム)なので、もうしばらくすると放水されてしまって、ほとんど水位がなくなってしまうみたい。

 

上毛新聞に載ったらしい…

ここは両親にわたしらは連れてきてもらった。

写真撮っていたオジサマたちの話によると、なんと、わたしらが行った日の前日に上毛新聞という群馬県の新聞にこの山奥秘境がオススメ新緑スポットとやらで紹介されたらしい。

…結構人がいました。

 

ティファニーの包装紙の青…

ここの湖は空の青が写りこんだ瞬間はティファニーの包装紙のようになる、とチラと聞いたことがある。四万ブルーというらしい。

そんな一枚。

水没した木が黄昏る。

f:id:hirokows:20180508073429j:image

ネタバレ…

全景を撮ると、ダムだね~な感じ。

f:id:hirokows:20180508073450j:image

別角度より

他の場所から、撮るとこんな感じ。

エメラルドな水の色。

静かな湖面とさざなみが同居。

…このあと、雲がモクモクとなり、水がさざ波を超えて波立ってきたので撤収。

f:id:hirokows:20180508073526j:image

行ってみてわかったこと

この湖のお役目は農業用の水源確保。というわけで、観光はメインの目的ではないため、周囲の木が結構生い茂っている。

写真撮れる場所(スキマ)は3か所、橋一か所くらいかな。である。

上の2枚のティファニーの包装紙だよ。は橋の上から、

下の一枚のエメラルドだよ。は木々のスキマから撮影。

 

…なかなか休日に行くとスキマ確保が難しい。

 

運が良ければ…

地元の方の話によると、ここはしばらくすると放水されてしまう。なので、青い水と紅葉、みたいな画はあまり期待してはいけないのだが、秋の台風の後だと、運が良ければそういう青い水と紅葉、という光景が拝めることもあるらしい。

ただし、流木もものすごいらしい。

 

おまけ…

奥四万湖周辺は一方通行である。

ダムカードを入手しそびれた。(それらしき建物をスルーしたら、もう戻れない。)

 

おまけその2

珍しい立ち乗りカヌー。ダムの下流のほうで遭遇。

f:id:hirokows:20180508073944j:image