ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

ちきりんパジャマVSユニクロエアリズムホームセット

寝るだけの為の、パジャマに一万越え…
数年にわたり悩み続け購入…
のその後。
非常にちっちゃい話だが、UNIQLOでの買い物あるある的な、週末微妙に値段が安くなりがっかり…で私が買った時よりも、安くなっている(約2000円が1300円くらい)のをユニクロ店内のワゴンセールで発見し残念な気分なったUNIQLOエアリズムルームセット(エアリズムTシャツと短パンのセット)との比較の観点から書いてみる。
↓エアリズムボーダールームセット(私物)

f:id:hirokows:20180717221357j:plain

自然素材で、涼しいっていいなあ。
ちきりんパジャマに関しては、これに尽きる。ガーゼ生地。
今年の私の夏寝間着はちきりんパジャマ(一万越え)とUNIQLOのエアリズムルームセットェ(定価1990円)でごさいます。
天然素材対人工素材…
ちきりんパジャマは湿気もウエルカムするがすぐに放出、UNIQLOは湿気寄せ付けず、という感じ。
ちきりんパジャマを家電に例えるなら扇風機。UNIQLOはエアコン。
 
…実はエアリズムホームセットもかなり優秀なのである。
 
サイズ感
ちきりんパジャマはかなりゆったり。
特に短パンがかなり緩い…
気づくと腰パンになる危険性も…
だけど上衣の丈か長いのでお見苦しくなるのは無いのと、ゴム入れ替えればいいかなー。である。(わたしは入れ替えてしまった)
上衣はゆったりなのは、肌に貼り付かなくて良い。
 
UNIQLOエアリズムホームウェア、サイズ感ば良い。が寝巻として着る場合は腹出し注意である…(丈がちょっと短めな感じ)
プラス短パンのゴムの替えは無理。(太いゴム縫い付けてある)
 
…一年限定利用ならUNIQLOエアリズムホームウェアも、かなり優秀である…(多分生地は品質改良はどんどんされるだろうし、ゴムが緩くなった短パンも値段的には捨てるのに躊躇無し)
…複数年利用ならちきりんパジャマだな…短パンのゴムも入れ替え可能だし、生地の改良はもうないであろうし…
 
結論…
天然素材の心地よさがコストを超えた…
でも、
ちきりんパジャマで、エレベーター乗ってゴミ捨ては無理だけど(やはり寝巻感が)UNIQLOエアリズムルームウェアでのゴミ捨てはアリである。
ちきりんパジャマはアイロン必須だが(洗濯するとシワが付く)エアリズムルームウエアはアイロン不要…
なんだかんだとエアリズムホームセットも優秀なんであります…
 
 
 
 

平成最後の夏の過ごし方。

毎日こういうのを食べてダラダラしたい気分満載…鎌倉の豊島屋(鳩サブレーの)本店近くの豊島屋経営の洋菓子屋にて食べた…ツブツブは鳩サブレーのトッピング。
f:id:hirokows:20180711071358j:image
平成最後の夏なので自由研究をすることにした。
平成最後、プラス夏、だとなんだか物悲しくね?みたいなことをテレビで高校生くらいのお若い女子がなんかのインタビューに答えていたのを見て思いつく。
 
毎年夏はダラダラしてしまう。ダラダラしない夏を過ごしたい願望…
 
昨年2017年夏…いつもよりはだいぶ回数を控えたが、ミスチル25周年ツアーに何回か(3公演…)参加。気分を保つのにはちょうど良いが、基本的にダラダラ夏…
ライブないときはミスチルのDVDを観ながら枝豆とビールが毎日の楽しみ。
 
ミスチルのライブは楽しい…
表現が過激になるのだけど、与えられる既製の楽しみをエンジョイするだけかなー、とちょっと思うようになった。
(今年はミスチル単独ライブツアーは無いので一回だけミスチルが出る野外フェスに行く)
 
去年の秋から実施の平日(月)から(木)の自宅ビール断ち。というのを、しはじめたきっかけは、もっと枝豆とビール以外の楽しさがあるんじゃないか?シラフで楽しめることの方が多いかも。と思ったのがきっかけたった。休日や誰かと一緒のときは飲んでいるのでまあそんなに苦行ということは無いし、終焉を迎えつつあるワールドカップの中継もノービールでテレビを観ていた。
 
というわけで、既製じゃないオリジナルな楽しみ(全く楽しくないが…実際は)を今実践中…
それは、平成最後の年にまともな習慣をつけて、次の元号のはじまりまでにきちっときりっと、の自分にしたい。なる思いからである。元号変わるまでにあと10カ月あるし、それまでに悪い習慣とはおさらばし、良き習慣を一つでも多くつけたい願望…
ラジオ体操方式?で、スタンプを集める方式、
スマホのアプリで、こういう習慣がちゃんとついたらな。というものを設定し、できたら緑、ダメだったら赤、とつけていく。
↓朝…現在朝の行為にすべてを賭しているので、まあ朝はいい感じである。
f:id:hirokows:20180711071432p:image
↓夜…疲れ切ってだめじゃん…
f:id:hirokows:20180711071439p:image
 
写真にはないですが、他にもいろんなことを赤、緑つけとります。(例:洗濯物はその日のうちに畳む、生ごみは毎日捨てる等々)
既に息切れ…
やるべきことって意外と多い…
時間の可視化…すべきことの可視化…
 

早めに家を出るという習慣をつけたい件…week2(朝の5分短縮…)

2018/7/9の朝。早出非ボーナス…ゲリラ豪雨に見舞われた…遅く出ても遭遇したとは思うが.

スタバで待機したお金をビニール傘に分配すべきだった…(ゲリラ豪雨アプリを見たら予報では9時前には止む雰囲気だったので。すぐ止むかと思った…結局9時近くになっても雨の勢いは収まったけど降っていたので、あーあ。)

↓早出ボーナス (7/6金)

f:id:hirokows:20180709081252j:image

珍しいものに遭遇…自宅近く。

早めに家を出て、通勤時をちょっとだけでも有益かつ快適?なものにしようと、朝6:45に家を出ようという試みに一日のすべての力を注ぐこと2週間目…(2018/7/2-7/6)のその後。

 

食器を食洗機から棚に戻すことに要する時間

家を早くに出れない理由として、まず思ったのは

「前の晩食洗機にかけた食器類を元に戻すことに時間がかかっているのではなかろうか。」

解決策として「なるべく拭き作業を省くため、乾燥モードも使う。」なることを試みたのだが、先週は調子に乗って、

「前の日にしまうことまでやってしまう。」ということにしてみた。

…いかにわたしがこの早出に情熱を注いでいるか??の現れである。

30分乾燥モードを使っただけでも、おおかた食器類は乾いている。(タッパーの溝とかにはちょっと水滴残るが)

で、問題なのはしまうことに要する時間ですよ…

なんと、たったの5分だった。

夜の5分と朝の5分では重きが違うとはいえ、なんとも残念すぎる朝の時短アイディアであった…無念…

 

例外を容認…

6:50までに家を出ればOKと条件緩和をした。

乗りたい電車には6:50までに家を出れば乗れるということが分かったという単純な理由により。

というわけでこの条件緩和をしたことにより、毎日6:50までに家を出ることができた。

 

というわけで2週目もいい感じで終了である…

3週目の初日は雨に打たれたり散々であったが、今週も全てのチカラを早起き、早出るにそそぐ所存であります。ワールドカップの事実上決勝戦⁇のベルギー対フランスもがっつり生放送で観るつもりでございます

 

 

 

 

 

JINS 1DAY(ジンズワンデー)お試し記

出会いは迂闊な自分から…

メガネ販売のJINS のサイトを見ていて、使い捨てコンタクトレンズの販売を始めたことを知る。

本来の目的事項とは全く異なるモノなのだけれども、どんなもんかと思いお試しお取り寄せ(なんと送料とかも無料…)今年の2月くらいからお試し配布、販売をしているみたい。(メルマガ購読が必須。まあおおかたの人がやっていると思われるネット通販用やメルマガ用のアドレスを指定しておけば、目にうるさいということも無さそうだし…)

 

…サイト閲覧の本来の目的は断捨離やらモノを大切にしようとか言ってる癖に、眼鏡を無くしてしまって、代替品を探していたときに見つけたものであります。

 

30日分で1箱2000円×2(両目なので2倍)=4,000円、というお値段は安いというわけでもないのだけれども…(わたしは普段はSEED 1dayPure うるおいプラスというレンズの3箱パック(94枚入り)というものを使っている。)

 コンタクトレンズは原価がものすごい安いと聞く。

高度管理医療機器っていうけれども、小さいラップみたいなプラスチックみたいな丸いモノが最近はUVカット機能もついてたりもするけれども、1個75円とかして、一日で両目で150円くらいですよ…しかも必須品。なきゃ困るモノ…

JINSはもっとド価格破壊(メガネ並の価格破壊)を期待したい…2000円だと微妙…

最大のお手軽なところは処方箋無で買えるというところだけれども。自己責任で。たけど。(一応申し込むときには、眼科診療してよね。目に異変があったらすぐに眼科へ、みたいなことも注意書きアラートが出てくる。)

実際のお試しレンズ申込みに関しては、正確にお伝えすると、検診したのならば、眼科医の名称を申告してください。となっていた。たぶん空欄でも買えると思われる。眼科医の名称のみ申告して住所等の申告無かった。

(わたしは今回の眼鏡紛失騒動があり、眼科で眼鏡の処方箋を作ってもらったついでにコンタクトの処方箋も書いてもらっていつものシードのコンタクトを半年分買った)

 

お試しレンズは申込みをしてから3日ほどで、ポスト投函(佐川急便)で届いた。

f:id:hirokows:20180707173002j:plain

いつも使っているレンズとの数値的比較

BC(ベースカーブ)の値がチョットだけ違う。

度数は選択できるけど、BCはどの度数でもJINS 1DAYは固定で選択できない。

f:id:hirokows:20180707173021j:plain

中身

オサレ感はある。

 f:id:hirokows:20180707173041j:plain

肝心の装用感

BCの値がちょっとだけ違うとはいっても、使い捨てコンタクト自体はフニャフニャして眼球に張り付くわけで全くの違和感無し。

特に見えづらい、充血、とかそういうのも無し。

…全くをもってつまらん感想になってしまった…

 

で、ここでメガネ屋さんがなぜに使い捨てコンタクトも販売するようになったのか?でありますよ…

コンタクトからメガネへ…としたいんじゃなかろうか?メガネ屋的には。

それともワンストップお買い物で囲い込みか?(コンタクトもメガネも一か所ないしネットでお手軽購入)

中途半端なお値段はやはり激安すぎると怪しいからか?

 

ネットでチラチラ検索してみると、メガネは数年単位で買い替えがあるが、コンタクトは数か月単位で購入行為がある。なので顧客との接点増える。

コンタクトレンズのみならず目薬やら目に良さげサプリメントの販売も考えている。とかいろいろ出てくる。

明確な答えはわたしには出せないけれども、

コンタクトレンズと眼鏡の両方を併用してもらって、いいとこ取りをしたいのかな。(運動するときはコンタクトレンズ、それ以外は眼鏡とか)

目にまつわることは全てJINSで間に合う。目の総合デパート、ということにしたいのかな。アイウエア、目周りのユニクロ的な…

…まあ中途半端は良くないんですよ…世の中いろいろ。とんがって個性出さないと。

なので、JINSコンタクトに関しては、値段がちょっと中途半端なの…が気になるわたし。

 

 

 

 

ちきりんパジャマ購入記

熟慮に熟慮を重ねて…実際のところは先週くらいの暑さにコロっと負けて(ウチの掟である、エアコンは7月と12月が運転開始という鉄の掟を簡単に破った…)ついに買ってしまった。人気ブロガーちきりんさんがプロデュースするパジャマを…

ちきりんさんのブログや製造会社(パジャマ工房)のサイトを見てると、このパジャマの生地は二重ガーゼという生地でできていて、

・放湿性あり(初めてこういう単語をわたしは知ったが…湿気は吸収するんじゃなくて放出すべきものなのね…)

・着ないよりも涼しい

等々に惹かれて、お値段に退いて(送料込みで1万チョイ越え)…で先日届いた。

…試運転(=着用)をしたいのであるが、大雨とかでちょっと涼しい日が続いたので、来週あたりに実際は着用してみて、着用した感じとかをまたブログのねたにしようと思う。

f:id:hirokows:20180707085412j:plain

触りごこち

触ったことのない感触。こりゃ涼しいだろうな~である。

二重ガーゼ生地なるものらしいのだけれども、ガーゼといっても傷にペタっとはるアミアミ生地ではなくて、目は細かい。

透ける心配もなし。

セコイ話だが、部屋干しトップではなくエマールで手洗いモードで洗おうと決意するようなふわふわ、サラサラの生地である。

 

楽天のパジャマ工房のサイトから受ける印象とはちょっと違う。

青がかなり濃い。作務衣の藍色とかベルギーの前に散ってしまった日本代表のユニフォームの青に近い色。

…色落ちがちょっと心配じゃ…で、やはりエマールだな…

 

表現が貧相ではあるが、いいもの買ったな…である。まだ着てないのに…

 

番外ネタ

芸が細かい。

段ボールの梱包。剥がしやすいようにちょっと端が折れてる。手作業なんだな。と。剥がしやすい。

(隣はここ最近この青テープで届くようになったやつ。いつもの透明のやつよりもチョット剥がしづらい。)

f:id:hirokows:20180707085440j:plain

手書きのお手紙まで入ってた。

前置きで長々と書いてしまったのであるが、来週に続く…

 

f:id:hirokows:20180707101846j:plain

 

 

 

 

 

ガス給湯器の交換にかかる費用(調査中…)

ガス給湯器の室内の表示パネルみたいなところに「140」というエラーコードが出た。

東京ガスに見てもらうと

「温度ヒューズが断線してます。」

「お湯は蛇口からでないけど、追い炊き、風呂場乾燥機は使用可能。だけどいずれこれらも使えなくなる。」

「10年以上経過しているので、修理じゃなく交換。」

なる説明があったらしい。

(今回のガス給湯器の故障対応は夫にしてもらったので、私は直接話し聞いてない)

 

いつもだったら「アナタのその雑な使い方による故障だよね…」とチクチクイヤミを言われるのだが、「まあさすがに10年も使ってれば壊れるよね。」ということも言っていた。

 

強いて言えば、風呂の空だき(迂闊であるが、浴槽の栓を閉め忘れて、お湯の自動張りをして、「お風呂が沸きました~」となったので、浴槽みたら、空っぽ…ということを何回かしてしまっているが、これが故障の元凶か??(黙っておいた…)

 

夏でよかったよ。これが冬だったら半狂乱である…

追い炊きはできるので、入浴は水を張って、そのあと追い炊き。な感じでなんとかしのいでいる。プチ神田川…不便…髪の毛洗うときが

 

が、ここで半狂乱になる事件が起こる。

東京ガスに見積もりとやらを作ってもらった。

…なんすか?ナゾすぎる見積書。

金額も謎だけど、割引額とか。

定価が65万なの???(ガス給湯器本体、室内や風呂場にある操作パネル等々のメカ関連&工事費全て込み)

・ガス給湯器はその機能(給湯、床暖房、風呂自動張り、風呂場乾燥機)の数によって値段が変わる。

エコジョーズなる機能(夫いわく熱効率よく、ということらしいのだが、壊れたガス給湯器は熱効率80パーセント、最新エコジョーズ機能付きだと熱効率90パーセント以上らしい。)がついているかでも値段が変わる。

なんだそうだが(上記2ポイントは東京ガスの修理の人から聞いたらしい)

うむ・・・いずれにしろ定価も謎だが、お支払いが約35万か・・・

↓見積もり額。最新型ので見積もりしてもらったらしい。

f:id:hirokows:20180706072147j:image

見積書はA4サイズ二枚構成。細かく明細が記載。

内容的には給湯器本体が定価約50万、これが割引とやらで、約25万値引き)

…ベランダにあるメカを交換だけじゃなく、リモコンパネルとかも交換なのか…

 

次の一手

マンションの管理人さんにガス給湯器壊れたんですみたいな相談を追ったがしたところ、毎年年末にガス給湯器交換キャンペーンチラシをマンション管理会社が全戸に配布してる、なることを言われたらしい。確かにそんなチラシ入ってたなー、数が多くなればなるほど安くなるみたいな。関係ないなーと思ってスルーしてた。

が、管理人さんが管理会社に連絡をとってくださり、マンション管理会社関連の別の業者が故障の確認やら、交換となった場合の見積もりをしに近日中に来ることになった。

 

おまけ

エコキュート東京電力

エコジョーズ東京ガス

 

言い間違いは、東京ガスの人に直されたらしい…夫談。

 

…プチ神田川生活から脱したい…まだ3日だけですが…

マンション管理会社経由でもあまり安くはならん気もする…

必要不可欠なものは金額で決めてはいけない、ということは分かっとる…

来週中にはなんとかしたい。

 

 

 

 

ウドウロク(有働由美子著)読書感想文

NHKのアナウンサーのグループ分けはブラタモリ的バラエティ系出身派、正統派、こんな感じでわたしはくくっているのだけれども、そんななかでわたし的にどちらにも所属しない派有働さん、なかなか正直な感じのトークがわりとわたしは好きである。

今年の4月にNHKから独立してフリーになった有働由美子さんの「ウドウロク」を読んだのでそのことを。ウドウロクは逆読みでクロウドウ。この本のなかにも、漆黒な有働さんのお考えやらなんやらもいくつか。

 

本に書かれた順番と異なるけど、印象にのこったこといくつか。について書いてみる。

・個性とは何か

・スーパーでのふるまい

紅白歌合戦の司会をすること

 

個性とは何か

有働さん的には、

「個性は個性、素は素」

「素がいろいろなモノを兼ね備えたそのまんまの自分だとそいたら、人に魅せる個性はそのごく一部。」

NHKという大きな組織のなかで、自分の個性というものを考えたときに、星座占いや血液型占いにまで頼って個性を出そうとしたことがあるらしい、が、そのように認識した自分、というものは自分に都合のよい勝手な個性であり、他人から見た個性ではないということを社会にでて初めて知った。と本には書かれている。

わたしの個性をわかってほしいと思っても、他人の目に映るものは違う。

有働さんもその昔はザ・NHK的な正当派のアナウンサーを目指したことがあるらしい。が、どんなに頑張ってもそのように受け取ってもらえなかったらしい。

 

有働さんを見ている他人が、有働さんのことをどんな個性の人間だと思っているのかを掴むということで、有働さんは個性をとらえるようになったという。

 

つまり、「個性とは相手が感じるもの。客観的に自分をとらえることが大事。」とのことらしい。

 

…没個性はイヤだな…でも他人が見た自分ってのを知るのも怖いような…である。わたしは。

 

スーパーでのできごと。

この本はエッセイ集みたいな感じなんだけれども、普通ならショック…なことが楽し気に書かれているエッセイがある。

有働さんは夕方のスーパーにおひとりさま夕飯準備な買い物かごを下げてレジで待っていたら、後ろに並んだ親子連れの子供に「お母さん、あの人のカゴさみしいね。」なるお子様的には悪意が無いんだろうけれども、ちょっと傷つくことを言われたらしい。

キっとにらむことなく、その場を耐えていたら、母親が、「ダメよ。かわいそうな人のカゴ見ちゃ。」と言ったらしい。

「さみしい」が「かわいそう」に変換された…

ちなみに外ご飯をあまりしないらしいのだが、その理由が面白い。

「一日働いて仕事終わって、姿勢をキープして食事する余力がない。」

からなんだそうだ。

 

…わたしは人さまのカゴをウオッチするのがわりと好きである。

閉店間際のスーパーでお若い男子が高感度の高い買い物(50パーセントオフ弁当ではなく、50パーセントオフの刺身を買っているとか)をしていると、勝手に健康に気を使ってるのね~とか妄想をするのが好きである。

 

紅白歌合戦の司会をするということ。

これまた有働さんの文章が面白すぎる。

「紅白はやるものでなく観るモノ。司会して5歳は老けた」なんだそうだ。

わたしが大晦日にぽーっとみている紅白、NHKは局を挙げての大イベントらしい。

晦日終わって最後の最後の打ち上げはカラオケボックスに行って一曲目から今日終わったばかりの紅白全曲を入れて、司会者が曲紹介をする「やりなおし紅白」だったらしい。

 

f:id:hirokows:20180705081459j:image