ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

遅読家のための読書術 読書感想文

表紙に惹かれて図書館で借りた本。「遅読家のための読書術」の読書感想文を。

(なんとか2017年中にあと8冊分の読書メモをノートに残したいのである…)

本の内容をひとこと換言するのなら、

「正しい流し読みをしましょう。」

スマホでは情報を流し読みしてるのに本はマジ読みをするから、読むのがつらくなっちゃう。」

「熟読の呪縛にとらわれない。」

こんなとこである。

 

正しい流し読みの仕方

①はじめに、目次、をよく読む。

②目次より、「章」「節」「項」がどのように分かれているのかを把握し、それらカタマリの初めと終わりの5行だけ読む。ここで興味持ったりすればちゃんとそのカタマリを読む。

③得たい情報だけ得られるようにキーワードだけ見つけるのも有用。

④本を読むときリズムをつける。早読み、じっくり読み…同じリズムで読んでいると本を読むのが遅く感じてしまう。

⑤記憶しようとして読むから内容忘れる。記録する。

 

とざっくり抜きさしだとこのようなことが書いてあった。

まあなんとなく自分でもやっているのは①のはじめに、目次をよく読むこと。

あとは、⑤の記憶するんじゃなくて記録する。のところ。

 

ちなみに今年のわたしの記憶にある今年読んだ本の印象深い系フレーズのいくつかは、(記憶は無いので、記録(=読書メモ)より抜粋…)

「捨てるのK点越え。」…思い切って何か(わたしが読んだ本だと卒業アルバムを捨てた。という内容だった)を捨てるとあとは一気にモノ捨ては加速する。

「より少なく、でもよりよく。」…何かを選んだら、その選んだことに対して全力で取り組む。

「諦めるとは明らしめること。」…やめるということは選ぶこと、明らかにすることとも換言できる。

「99.9パーセントがクリックするだけ奴隷」…クリックするだけじゃなくすべきことあるでしょ。

 

 電子書籍の功罪…

確かにkindleのほうが本をサクサク読める気がする。スマホクリック、スクロール感覚で。文庫本、新書でキンドルになってるものだったら、わたしはキンドルで読む派なのであるが、いわゆる値段が2000円近くする書籍…これをキンドルで買うのはなかなか気合がいる。万が一読み切れなかった場合ブックオフに売ることができない、というセコい理由もあるのだが、お値段がそれなりにするものは内容もそれなり、なのでサクサクスクロール読みができないのがその理由。

書籍で上下版のサピエンス全史は書籍で買うか?kindleで買うか?を悩み続け約一年…

今だ読んでおらず…(kindleのお試し版だけは読んだ…なんとかkindleでも読めそうな内容であることはわかったのだが…)

f:id:hirokows:20171213080453j:image

 

 

 

音楽と真摯に向き合う 2018年①(手のひらの大きさ問題)

今日は発表会後のレッスン初回。やる気は毎年発表会直後だけであるところが非常に残念なところであるが、勢いで先生に相談。

「ベートーベンの悲愴やりたいんですけど。大丈夫でしょうか?」

「大丈夫だと思いますよ~。」

あっさりと先生の許可がいただけてた。

で、今の時点での懸念事項をいくつか確認する。

そのうちの一つが今回のブログのタイトルの「手のひらの大きさ問題」である。(その他の懸念事項はいずれブログのネタに確実になると思うので今回は割愛)

 

ピアノの鍵盤の「ド」の位置に親指を置いて、小指がどこまで届くか?である。わたしは一個上のドまでしか届かない。ドレミファソラシド、で8音分。これを8度開く。という。

この悲愴という曲は8度超えの9度開く。というところが何か所かある。

↓こことか。右から2個目。

 右手部分のラとオクターブ越えのシを抑える和音。

f:id:hirokows:20171212073439j:image

 

単純に手のひらのサイズ問題でわたしの場合弾くのがムリなのである。

「オクターブ越えの9度とかありますよね…この曲。わたし届かないんですよ…どうすればよいのでしょか?」という真面目な質問と、

「手のひら開脚とかして、お風呂の中で広げれば少しは広がりますかね?」と不真面目なことも確認してみる。

真面目な質問に関して…

オクターブ越えで届かないときは、一番高い音だけ弾くのもアリ。

 

不真面目な質問に関して…

結構効き目ありますよ~。ただし手のひら傷めないように

なんだそうだ…

 お風呂場で湯船につかりながら、手のひらを開脚させることを暫くやってみようかと思う。(オクターブ越えが届くようになったらそれはそれですごいことである…)

 

話変わり、先週のわたしの発表会での演奏に関して…

…一応真面目に発表会のわたしの演奏はどうだったか?も確認してみたところ、流れ的なところはよかったけど、強弱がもうちょっとメリハリ付けばもっとよかった。とのこと。

マイ楽器でないものでいつも通り弾くってのは難しいです。誰にとっても。なんだそうだ。

 

 

掃除機の付属品に関する考察(要らん…)

…見つかってしまった…随分長きにわたり忘れ去られていた掃除機の付属品を不燃物の袋に入れていたところ、夫に見つかってしまった。

謎の横長ブラシふたつ(微妙に大きさが違う)、掃除機の先っぽ、写真撮り損ねたけど、謎のホース(予備??)

サッシのスキマをホジホジする系のものだったら掃除機の付属品としての用途は想像できるけれども、この写真の謎の付属品は想像がつかない。

f:id:hirokows:20171210223143j:plain

夫はモノが捨てられない。 

「捨てるの?」

と夫。

「使ったことないし、使い方もわからんし、存在も忘れていたし…」

とわたし。

「使用方法を確認しないで捨てるってのはおかしくね?この掃除機買ったときこの付属品はサービスでつけてもらったんだよ。」

…サービス品…無料(といっても本体価格に含まれていると思うが…)でつけてもらったものなのね…益々要らんわ…と思っていたら、夫が家電の取扱説明書を挟んであるファイルをゴソゴソ・・・付属品の使用方法を確認していた。捨てるときにクリエイティブになってはいかんのに・・・

 

「布団用ノズルと洋服ブラシになるノズルだよ。使えるじゃん。」(ホースはこういう布団や洋服のお手入れ??掃除以外で使うためのモノらしい)

「布団用ノズルは要らんです。カバーとか洗濯しているし、布団もたまには干してるし。」

「洋服に掃除機の風あててブラッシングするなんてありえない。毛玉吸い込むとともに生地の風合いも吸い込むし。」

 

で、最後の一刺し。

「使うんだったら、私物としてご自分の部屋にお納めください。」

…一応ウチのお約束ごととしては私物の共有スペース持ち込みは厳禁なのである…夫の部屋に関してはお好きにどうぞ。お好きにしてくだされ、である…

 

かくて、夫の部屋にこれら謎の掃除機の付属品がしまい込まれるのであった…

絶対にその後使われることは無いと思う。それらの付属品…

掃除機の応用的使用方法より標準的使用方法(=夫の部屋を普通に掃除機をかける)のほうをまずは優先していただきたい…

 

またギャーギャーと掃除してよね。と騒ぎたくなるのをぐっと抑えたわたしであった…

 

 

 

音楽と真摯に向き合う 2018プレシーズン 無料楽譜と有料楽譜の相違点

大人のピアノ教室は自分で曲を決めねばならない…

さて、発表会も終わったので次のシーズンに向けて何を弾くのかを考えねばならない。

やりたい(できる、とは違う)曲はあるので、自分が選んだ曲に関して先生からOKいただけるかどうかである。(難易度的に大丈夫か的な判断が自分ではまだしかねているのだが、大丈夫だと楽観的に考えているけど…)

2017年の今年は結局制覇したのは2曲だけであった。

 

しかも、今年は発表会はズルをして以前完成させた曲の焼き直しだったので、それだけは避けたい…完成度はわりと高かったとは思うけど(そりゃ一度やってるし…)やっつけ仕事感が残ったのであった。

 

半年後には弾けるようになってるといいな…

数年前のフジテレビのドラマ「のだめカンタービレ」のなかで、上野樹里さん演じるのだめちゃんと玉木宏さん演じる指揮者志望の千秋先輩の出会いの場面で流れていた曲。

オマエのは悲愴というより悲惨だ…のあの曲。

ベートーベン先生のピアノソナタ第8番悲愴を練習することにした。

 

無料と有料…

有名な作曲家先生の曲というのは版権がもう切れているらしくネットでうようよとPDFなどで楽譜が出回っている。(文学でいうところの夏目漱石の作品は青空文庫キンドルで無料で読めてしまう的な)

 

軽く調査…

↓ネットより見つけてきた無料版

 f:id:hirokows:20171210082535j:image

 

↓わたしの手元にある楽譜

 f:id:hirokows:20171210082540j:image

 

楽譜上の音符の並びは両方一緒。

しかし、無料版はスッキリした見た目…

なにゆえか…どの指を使って弾いたらよいのか、の指番号が一切無いのと、どんな強さ(ピアニシモとか)で弾いたらよいのか、どこでペダルを踏めばよいのかが一切表記が無いのである…

なるほどなるほど・・・こういうところをケチって進歩の歩みを緩めてはならんのである…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルクルーゼのファミリーセール2017冬 潜入記

女の闘いに参戦…(後方より攻める…)

お鍋、お皿、キッチングッズのルクルーゼファミリーセール…いつもは年に二回春と秋だったはずなのに、今年はなぜか冬にも開催…

以前だったら女の闘い?の戦闘モード?で行くわたしであるが、最近のポイポイ断捨離活動により(ルクルーゼの食器もデザインや色がイマイチなのは処分した…)すっかり戦闘意欲は無いのだが、ハガキを会場の回収箱に入れてこないと次のセールのご案内が来ないかも…ということもあり、チラ潜入…

↓こじんまり戦利品…(戦わずして入手…)

 

f:id:hirokows:20171209174504j:plain

以下セールの内容とはあまり関係のない私の心の葛藤等を…

 

ここ最近で自分のなかでの決め事、がある。

・ホントに必要?

・もし無くしたりしたら、また同じの買うのか?

この2要件を満たしたものを買うように心がけているつもりである…

先日はこの心がけに基づき、ipod nanoを紛失したと大騒ぎし、(結局手元に戻ってきた)ipod nanoを買った。

まあ手元に戻ってきたから新品のipod nanoは無駄遣いといえばそれまでなのだが、ホントに大事なモノってこういうことなんだ…ということを身をもって体験。

 

で、ルクルーゼに関して。

食器を買うときの基本は

・食洗機で洗えない食器は買わない。

・洋食器に関しては色はホワイト原理主義(この洋食器ホワイト原理主義に基づき、色モノのルクルーゼの食器はデザインによっては処分の対象となった…)

 

食器洗いを機械任せにしていると、手洗いじゃありえない破損、が生じる。

f:id:hirokows:20171209174531j:plain

フチが割れとる…たぶんお皿のフチとフチが食洗機のなかでぶつかって欠けたのであろう。

 

アボカドディッシュが簡単に見つかってしまった…

このフチ負傷のお皿は「アボカドディッシュ」という名前のルクルーゼのお皿なのである。カワイイ形が気に入っている。本来の用途は「アボカド盛り付け専用皿」である。

もし無くしたらまた同じモノを買うのか。という条件にも適合するくらい気に入っているのである。

今回セールでこれがあったら買おうと決めていざセール会場に潜入。

 ↓

狙いの品…たしかにアボカドっぽい形。普段は小鉢として使用…

f:id:hirokows:20171209174625j:plain

あっさりとあった…アボカドディッシュ。たそがれて会場の隅っこのほうに。(以前はオンナの闘いが繰り広げられてたのに。このアボカド皿を巡って…特に外が茶色、中が緑、という超アボカドカラーのお皿は超人気商品だったのに、これもたそがれていた…)

ルクルーゼのセールの主役は鍋類なのであるが、鍋は何個もっていても最大3個までしか使えんし…(コンロが三口なので)目の保養と重さの確認をする。かわいいが、やはり重いな・・わたしじゃ取り扱えんな…(ひとつだけいただきもので鍋は所有している)

お皿を二つ買い物かごに入れて、セール会場内を動き回る。

同じモノを再調達なんて以前だったら全くあり得ない発想である…

 

次なるターゲットは「ごはん茶わん」である。

10月から平日家酒をやめてから、ご飯を食べるようになった。それまではビール=主食だったため、わたしは夕ご飯では米は炊き込みご飯以外は食べない生活だったのだ。

よって、ごはん茶碗持っていないのである。今も持ってない。

白くてカワイイごはん茶碗(ライスボウルとかいう名称だった)があり、一瞬買おうかと悩む。が、

これまた重い…お皿は持ち上げて食事すること余りないから気にならななかったけれど…新たな発見…

ご飯入れたらさらに重くなりそうだ…

というわけで却下

 

↓今のわたしのメインの基本のごはん茶わん(たまに白い小さいどんぶりにご飯盛ることもあるが)…正式な用途は「お茶を飲む湯飲み茶わん」である…

 

f:id:hirokows:20171209174711j:plain

他のお客さんのカゴ一杯の戦利品を眺めつつ、控えめなアボカドディッシュふたつをカゴに入れてレジに並ぶ。

一番小さな紙袋に包装された。箱もなく、緩衝材みたいなので包まれた。

気に入ったモノを買えて満足。である…

これからも自問自答を重ねてモノを買おう…と思ったのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凡人を達人に変える77の心得(野村克也著)読書感想文

Amazon Prime Readingの対象本になっていたので読んでみた。

野球にそんなに詳しくないわたしでも、「ボヤいてる人ね~、弱小チームを再生させることで有名な方、頭使って野球しましょう。」で有名な方とは知っている野村監督の本を読んだのでそのことを。

書かれていることは、ありがたいお言葉たくさん、なのであるが、わたしのなかではありがたいお言葉よりも野村さんがなぜに頭使って野球することに目覚めたことかが書いてあるところがいちばん印象にのこった。

 

 変化を見る目を持てば、継続的に結果が出る。

プロ野球人生四年目シーズンを終えて、ホームラン王となったあとその後低迷期が野村さんに来たらしい。練習だってちゃんとしてるのに。

当時のプロ野球に世界は「打てないんだったら、当たりに行け(=デッドボール狙い)。」という文化だったらしく、そういうアドバイスをするコーチもいたらしい。

そんななか、ある先輩が、

「野村、おまえがぶん殴った相手のことは忘れていても、殴られた方は忘れてないんだよ。」なるアドバイスをしてくれる。

殴った相手…相手の投手、殴られた方…相手のピッチャー、

つまり野村さんは研究されまくって、その結果打てなくなったといことに気付く。

このとき、「自分だけの視点で周囲を見ていた。」ということを学んだという。

ものごとは常に変わっていくもの、自分自身を含めて。自分だけの視点だけじゃ変化についていくことができない。相手や環境の変化に対しる視点を持たないと、一時的には結果を残せても、長期的に結果を残せない。」

 

そして、自分の置かれている状況が変わったということを把握するために、相手ピッチャーがどのよう配球をするようになったのかを調べて、対策をしたら、元通りに打てるようになった。

 

今でこそ、データをスポーツに用いることは割と当たり前だけれども、根性気合第一主義だった当初、誰かのひとことでこれだけの気づきができて、改善に至るってのはなかなかだなあ。と思ったのだけれども、

わたしも私だけの視点で物事を見てしまうってことが結構ある。

自分を見失わないのも大事だけれども、いろんな視点も持つべきだな。と改めて思ったのであった。

 f:id:hirokows:20171208074023j:image

音楽と真摯に向き合う day5&day6

発表会も終わったのであるが、一応備忘録。来年のためにも。

 

day5…

前日の月末業務は夕方消耗するのだが、月初の午前中から13時くらいまではこれまた消耗度が激しい業務が続く…(月に一度のことなので慣れないってのが大きい)

プラスご飯会があったため、帰宅も遅くなり、ピアノの蓋を開けるどころか風呂の蓋を開けることもなく(だらしなくてすみません…)洗顔のみして、バタリと寝る…

 

来年の教訓としては発表会直前一週間はホントに音楽と真摯に向き合おう。以上…である。(2017/12/1)

 

day6…

ここ2か月くらい早起きに全てを賭す、とやってきたのに、なんと起きたのが11時近くであった…

超いい天気だった…カメラで作品を撮るには天気良すぎるが、お出かけ日和である…ああ悔やまれる…ピアノの練習は一日中やるわけじゃないので、お出かけ日和をだらっとしたことが非常に残念すぎる…

最後の最後に1時間ほどピアノにお触り。

 

弾きはじめに間違えると全て台無し。

終わりよければすべてよし。

 

というわけで、はじめの小節と最後の終わりのところを集中的に自分的にいい感じで弾けた、ダメ、いい感じ…の挟み撃ち練習を敢行。当日の朝におさらいする場所のめぼしを付けておく。

(2017/12/2)

 

↓クラシカルな大御所に挟まれた私の演奏順…戦場のメリークリスマス

来年は大御所曲にトライをしたい。

一瞬ショパンというとおお~~となるのだけれども、ショパンピアノ曲専門作曲家なので、わりと弾きやすいということをピアノの先生に教えてもらった事がある。実際曲によってはわりとそんな感じがたしかにあるのである。

逆にピアノ曲ありの、オーケストラ曲ありの、の才能ありまくり大御所先生のピアノ曲は難しいモノが多いということも教えてもらった。ベートーベン先生とか。

f:id:hirokows:20171205074934j:image