ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

大戸屋大人の食育セミナー受講記1

定食チェーンの大戸屋が主催している「大人の食育セミナー」なるものに参加してきたのでそのことを。年間をとおして同じテーマで開催されているみたいで、2018年シーズンは、

「プチ不調改善、毎日が楽しくなるごはんの食べ方」なるテーマなんだそうだ。

 

初参加…思ってた以上にタメになった…ブログの記事が3記事は書けるかも…である。

そして、わたしの普段のお食事マネジメントに一石じゃなく隕石が投じられたのでもあった。瞬間でもあった…(2018/4/18受講)

 

最近の私のお食事マネジメント
・カロリーの数値はほどほど気にするけれども、カロリーの源が砂糖系なものにならないように気を付ける。
 
・まごわやさしい (まめ、ごま、わかめ、やさい、しいたけ(きのこ)、いも)の要素が1日3食で摂取できるよう努める。
 
・食べ過ぎない。(特に炭水化物には気を付ける。)
 
いろんな健康ネタ本を読めば読むほど新たなマイブームが、生まれるのだが、ここ最近はこんな感じである。
 
で、一見良さげなマイお食事マネジメントに一石が投じられたのが、今回の大戸屋セミナーてある。
 
プチ不調とは身体だけじゃない…
今回のテーマはプチ不調対策。である。
あまり病気にもならないし、どこどこが痛いとかあんまりないしー、なんて思ってたのだが、プチ不調の例として、
・疲れやすい
・やる気が出ない
・イラッとしやすい
なるものが、風邪ひきやすい、便秘気味、みたいな世間一般的に病院に行くまでもないがなんとなく不調、プチ不調なもの例と一緒に例示されていた。
上記3つ、数値化困難な気分問題、性格問題とわたしの中で片付けられていたのだが、これもプチ不調なのか…最近イラっとしやすかったりするからなあ。。。イラッとしないために心を整える??みたいなことまでやっているくらいである。
↓反応しない練習
 
 
プチ不調改善するには
・腸内環境
・体温
・新陳代謝
・血流
この、4要素をととのえねばならないらしい。
 
このなかで一番大事だ。と講師の方も力説されていて、まさにわたしのことじゃん・・・と思ったのが、
「体温」に関してである。
別にわたしは冷え性、寒がりではない。(むしろ暑がりである…)
一般的に体を冷やすのはよくないよ。なんて世間では言われているけれども、わたしはあまりその理由を考えたことがなかったのだが、
 
体温はカラダの機能レベルを表すバロメータ
・ガンになる人は低体温な人が多い
・体温が低いと臓器の活動が低下(特に肝臓、腎臓)
・最近は太ってなくても脂肪肝な人が植えている。
脂肪肝代謝がよくない人がかかる病気になりつつある。
・胃腸環境の乱れ(腸内環境の乱れ)
・免疫力低下
・血流悪くなる。
・脳機能の低下(メンタル)
…イラっとしやすい、やる気が出ない等々はエネルギー不足がもたらすんだそうだ。
 
で、なぜに寒がりでも冷え性でもないと思っている(だけかもですが…今度体温計で計測してみようと思うけど)わたしが、この体温マネジメントに敏感に反応したかというと、
 体温上げるためにはある程度の炭水化物食べたり、内容考えなきゃだめじゃん。ということがわかったのである。
(ブログの別記事になりますが、炭水化物=悪じゃなくて、炭水化物は最もエネルギーになりやすく、かつ、ごはんに関しては添加物もないし無敵の食材…というのが今回のセミナーのオチであるのだが…)
 
わたしの日々のお食事マネジメントは熱を生み出していないんじゃなかろうか。の疑惑がふつふつと沸いてきたからである。
 
一般的にカロリー高いモノ=悪、と捉えられるけれども、そうじゃなくて本来はカロリー高いモノは熱を生むモノ。と本来は捉えるべきであること。(度を超えるのはダメですが)
 
今低カロリー、ローカロリー生活をしていると、臓器がうごかなくなっちゃうよ。(熱を生むものを摂取してないから。)痴呆になっちゃうよ。
 
つまり、いわゆるいまのわたしのお食事マネジメントである「ヘルシーローカロリー生活」は熱量という観点からは必ずしもよいことだけではない。ということがわかったのである。
 
じゃあ、どうすればよろしんでしょうか。その他もろもろお伝えしたいことは山のようにあるので、続く…
 
↓いただいた冊子と参加費千円をお支払いするといただける大戸屋で使えるお食事券。
 

f:id:hirokows:20180419213320j:plain

 
 
 

反応しない練習(最近のマイブーム)

ここ最近のマイブームは「いろいろなことを整える。」である。

真面目に書くとちょっとコワい感じになるので控えめに表現すると目に見えるものだと「身の回りをすっきり。」「心のなかもすっきり。」というような感じに毎日したいなあ。と思っている。そんななかの心すっきりライフで現在取り組んでいることを…

 

無反応に務める…

無関心じゃなくて、(無関心はよくない)無反応。である。

「また無駄なモノを斬ってしまった…」(アニメのルパン三世石川五右衛門が良く言っているセリフ。

みたいな感じで、「また無駄なモノ(自分ではどうすることもできないちょっと自分をイラっとさせるいろんなこと)に反応してしまった…」

という、いわゆる自分ではどうにもならないことに対し、いちいち反応しないようになるべく心がけているのだけれども、これがなんとも難しい…

 

会社編

わたしが苦手なのは「就業時間中の私語」である。

どうして、仕事中に私語するんかいな。である。集中しようよ。わたしの集中力奪わないでよ…(私語の内容:シャレにならない病気ネタ。過ぎてしまった電車遅延。今日の天気等々が多い…)

今まではこの手の私語がはじまると、トイレに消えたり、自動販売機に消えたりしていたのであるが、この時点で「自分じゃとうしようもないものに反応している。」なのである。しかもトイレとかから帰ってきても長々と私語が続いているため、さらに自分の時間を無駄にした。と残念な気分にもなってしまっていた。

 

そんななか、最近極力自分自身を仕向けているのが、

「あ、また私語始まった・・・・」とおもったら、自分の手元、やっていることに意識を向ける。なんてことを最近は極力務めているのである。無駄に反応しないで、自分自身に集中する。みたいな。

最近のマイブーム…無駄に反応しない…

マイブームではあるが、やはり反応してしまうこともおおい。「うるさい…」と。

マイブームではなく、いつもそういう心がけができるようになりたし。

たまたま読んだ本でおのれの力のおよばないことには無反応対応が疲れない、ということを知る。

たまにはいつもは読まないジャンルの本でを読むのもアリ…読書感想文また書きます。

f:id:hirokows:20180418075914j:image

 

 

 

 

あんなに捨てたのにまた捨てるんかいな。(ヒートテック長者…)

衣替え敢行…(2018/4/15)

去年の今頃の閻魔帳(ほぼ日手帳)を見ていると、去年も今頃衣替えをしていて、重要記載事項として45リットル3袋分洋服捨てた。みたいなことが書いてあって、「すっきりした。」などということが手帳には書かれている。

ブログにもそのようなことが書かれている…

衣替え新方式実施(洋服が放つメッセージを考える) - ひろこの自由研究

あんなに心に誓って洋服処分したのに、まだ処分するものあるんかいな…で45リットル袋1袋さようなら。

 

袋詰めのなかのいくつかに関するコメントその1

ビニール袋に入ったままのマラソン大会の記念品(表参道WOMEN'S RUN 2014)を処分。

実はこのTシャツ、ミスプリントがあったということで、後日正しいモノが送られており、ほぼ見た目一緒のTシャツが2枚ある。(Pumaのもので、なかなかデザインもよろしいので、ハイキングするときとかに普通に着ている)

ロゴが、

正:RUN

誤:RAN

これはなんと「RAN」と印字されている…わざわざ大会終了してから正しいロゴ版が送付されてきた。(いつ、誰がこのことに気付いたんだろ…)

f:id:hirokows:20180416074927j:image

袋詰めのなかのいくつかに関するコメントその2

ヒートテック10枚以上処分…

ヒートテットテック長者…数えたら、長そで、半袖、キャミソール合わせて30枚以上もあった…(今年は極暖のトレーナー地のヒートテックしか買ってないので、これらの在庫は数年前からの繰り越し商品である…)

笑うしかない。去年の春の断捨離から生き残っていたという残念すぎる事実である。

そもそも下着とセットで着用するヒートテックがなぜに下着の数より多いのだ…である。

サイズがMとSのものが混在していたので、ヒートテックはMだとちょっとわたしには大きいので、Mのものは全て捨て。でなんとか半分の数までに収まる。

f:id:hirokows:20180416074938j:image

↓来年の春は大丈夫だと信じてます…さようならの袋詰め。

f:id:hirokows:20180416075220j:image

 

 

 

夜行高速バスで福島県に桜を観にいく2(2018/4/8)

もう散りはじめてるっぽい…(2018/4/14現在)三春滝桜
2018/4/8に、長距離夜行バス、新幹線、在来線を使ってバス1泊、弾丸お花見をしに、福島県の花見山と三春滝桜に行ってきた。
その1
 
以下、その2、花見山公園からタクシーで福島駅に戻り、郡山駅まで新幹線のち三春駅下車、シャトルバスで滝桜まで編。
 
福島駅にて
なんと、東京でもあまりお見かけしない黒エプロンバリスタさんがいる駅ビルの中のスタバにて…
このまま東京に戻るか、ネタ追求及び疲労するための行くとしか思えないひたち海浜公園(最寄勝田駅…)にネモフィラ観にいくか予定通り三春滝桜観にいくかを夫と協議…
この時点でどんよりお天気なのと風が強いのが判断を鈍らせる。如何なものか…
福島県は、都道府県の中で三番目に広い県。(北海道、岩手、福島、長野の順)
ウエザーニュースとかのスマホで調べられる天気予報もどれだけピンポイントに予報できているかが謎である。
というわけで初志貫徹。三春滝桜観にいくことに。
 
やまびこ、にのる
この時間帯の上り新幹線ガラガラ…(9:16発やまびこ128号)福島から郡山まで15分くらい新幹線に乗って移動。
 
在来線(JR磐越東線)に乗る
…夫がまさかの改札間違い…新幹線改札をそのまま出てしまう…(自動改札機の中に三春までの乗車券を吸い取られる)
駅員さんに使用済み切符の入った自動改札機の箱?みたいなのを開けていただき無事切符手元に戻る…
在来線との接続改札を通るのが正しいのだけど、ちょっとわかりづらいかも。(東京ほど親切な表示やら張り紙が無い)
 
三春まで行く在来線はSuicaとかは使えるが、まさかの2両編成!1時間に一本…(滝桜ピーク時は増発されるぽいが、車両数増やすのは無理と思われる。ホームが短いので…)
自動改札間違いで少々時間をロスるが、なんとか座れた…
二両編成の電車…電車発車のころはラッシュ時の京王線並の混雑である…
ふと、「シャトルバス乗れなかったらどうしよう。」という不安が頭をよぎる。
 
三春駅下車
電車降りて、駅の改札までは、例えるなら京王線新宿駅とJRがつながっている改札と通路が激込で朝は憂鬱度マックスになるあの状態である…電車のドアが開いた瞬間…皆さん小走り…おそらく考えていることは、「滝桜号(=シャトルバス)に急いで乗る」なんだと思う。
駅員さんが「シャトルバスはどんどん来ますから~」なんて叫んでいらっしゃるのだが、みなさんはやる心抑えられず…でもノロノロにしか進まん…
 
シャトルバス乗車
JRの駅員さんが言う通り、バスは次々とくるのだけれども、超すし詰めで乗車することになる。
 
道中
この地区は条例で一家に一桜植えましょう?って思うくらい、あちこちに枝垂れ桜。民家の軒先のみならず、そこらじゅうに観光案内パンフレットに掲載されるような名のある桜もそうじゃない名もなき桜も。
今度は車でちゃんと来たらよさげだ。と思ったのであった。(夫も同意見)
実際のところ、シャトルバスの車窓からの眺めだと、滝桜以外の桜スポットは渋滞も無く、車も普通に止められていることを目視にて確認…
そんなかんだ、で、無事三春滝桜到着。である。
 ↓滝桜…天気も晴れてよかった…の件
帰り…
滝桜号に乗って、三春駅まで戻り、郡山まで移動。
…時間があれば見ておきたかった…は三春駅に超隣接している桜がわんさかとある桜の堰みたいになってるところ。これはまた次回。
 
郡山駅での立ち回りに関して…
郡山駅の在来線と新幹線との接続改札のところにある自販機はなんと乗車券しか買えない…新幹線の切符は窓口で購入となっていた。(在来線降りたら小走りで行って正解であった…)
14時ごろに郡山から乗る東京方面の上り電車は結構混んでいて、二人並びの席は満席といわれたので、別々席で新幹線の切符購入。
あと、セコ話だと在来線側の売店の駅弁はほぼ売り切れである。僅かな種類から、選ぼうとしたらお店の人が「新幹線改札入ったところにある駅弁屋さんのほうが在庫たくさんあるし、種類ありますよ。」と教えてくださる。ありがたや。ここではビールだけ購入し、お弁当は新幹線改札内にあるお店で購入。
 
初めて食べたけど、牛肉のそぼろと細かく刻んだ牛肉のW重ねで味ちょい濃いめがビールによく合うのお弁当↓
 

f:id:hirokows:20180415080238j:plain

 
 
 
 
 
 
 
 

羽生結弦展訪問記(日本橋高島屋)4/12夜

4/12から4/22まで日本橋高島屋で開催されているフィギュアスケートの羽生君の写真展みたいなもの(写真、衣装、グランプリファイナルで獲得した何個かの金メダル、ビデオ上映等々が入場料無料で堪能できる)に行ってきたのでそのときのことを。

 4/13 18:45頃潜入…

 ↓会場内で撮影OKだったのは入口のこの写真。出口出たところに読売新聞の作った掲示物があるのだが、これは撮影フリーっぽい。

f:id:hirokows:20180414080316j:plain

 

一番お伝えしたい感想

一流アスリートは小学生のころから発想そのものが一流…

会場内に羽生君の小学6年生の卒業文集のコピーみたいなのが展示されていて、内容が

「大きな大会に出て、沢山の歓声をもらえた。初めて観客の皆さんに感謝したいと思った。うれしかった。」みたいなことが書かれていた。

…小学校6年生で「観客の皆さんに感謝をしたいと思った。」ですよ…「ジャンプ飛べてうれしい。」みたいな自分の満足だけじゃなくって、感謝の気持ちまであるんですよ…素晴らしいことだ。

 

二番目にお伝えしたい感想

会場内の展示物のほとんどが、写真なのだが、主に3つに細分できて、

①この写真展の主催者である読売新聞社のカメラマンが撮影し、新聞記事でも採用されたと思われる写真

②田中亘明さんという羽生君を小さいころから撮り続けているプロカメラマンの撮った写真

③巨匠篠山紀信さんが撮った写真

…注:あともう一人プロカメラマンの写真があったような気がするがお名前失念…

①はやはり報道写真。超望遠で素晴らしく正しく撮れとるな。である。

②は萌え度抜群写真…ありのままで~の羽生君

③…機会あったらぜひぜひ見て!!な写真なのである。篠山紀信さんの写真は一点しかなかったのだけれども、エロ写真専門(すみません…)だと思っていた篠山さんが撮った羽生君の写真が、もう清々しく、素晴らしいのですよ…(篠山さんがわざわざ仙台まで赴き、撮影したらしい)

下校途中の羽生君(高校生のときらしい)をとらえた写真のだけれども、背後からうっすらと夕陽が射していて、なんともなんとも、自然な姿が良くとらえられているのでありますよ…

 

その他初めて知ったこと

羽生君の演技の時に装着しているネックレスみたいなアクセサリーはチタンネックレスでおなじみの「ファイテン」のものであった…(会場内には羽生君モデルもどきが展示されていた)

 

羽生君の身体が薄すぎる…会場内には羽生君の体格に合わせたトルソー(顔のないマネキンみたいなもの)が着た実際に羽生君が着用していた衣装が飾られてあったのだが、身体が薄い…わたしより薄いかも…オドロキ…

 

スケート靴のときに履く靴下は五本指ソックス…現物が飾ってあった…五本指ソックス愛用らしい。

 

字もお美しい…

今回のイベントに合わせて、羽生君が色紙に書いた感謝の言葉、が飾られてあったのだけどこんな感じの字。↓(会場内の色紙現物は撮影禁止なので、これは会場出たところに読売新聞社作成の印刷物掲示パネルがあり、そのパネルを撮影したもの)

 

f:id:hirokows:20180414080341j:plain

 

実際の混雑等

わたしが行ったのは4/13(金)の18時45分くらい。

会場への入場行列は無いけど、(エスカレーターを駆け上がって8Fに直接行った)わりと人は多かった。ぎゅうぎゅうではないけれども。

先にも書いたけど、読売新聞提供の写真は、どっかで見たことあるな~みたいな写真(いわゆる報道写真)でどれも似たり寄ったり、なのだけれども、衣装の現物や小学校の作文やら、普段の愛用品やら、はかなり見ごたえがあった。

ゆっくり見ようと思えはば、何時間でもいられるかも。である。(写真のほかにもVTR上映みたいなのもあるので)

 そんなに熱心な羽生君ファンでもないわたし…どっちかといえば高橋大輔さんのようになるんじゃなかろうか。の宇野君のほうが好きですが…たまたまこの催しをテレビで見かけて、この催しが初日は大混雑で高島屋の階段1~8階まで入場者の行列が列をなし、羽生君グッズ購入のためにさらに行列…みたいなことがテレビで放映されていたので、京橋に行く用事があったついでに、どんなんかいな?の興味半分でいってきたけど、

かなり楽しめるイベントだった。

 

おまけ

グッズ売り場が大盛況であった…わたしはあんまり興味ないから素通り…

ジャンプで回転するだけじゃなく、お金もぐるぐる廻す羽生君…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜行高速バスで福島県に桜を観にいく1(2018/4/8)

2018/4/8に福島県にある桜スポットである「花見山公園」「三春滝桜」を観に行ってきた。

いつもだったら、自家用車にて移動、なのだが今回は「夜行高速バス」にて福島県に早朝到着し、活動開始する。ということをやってみた。そのあたりのことを。

↓弾丸旅行の詳細

花見山公園開花状況2018(2018/4/8) - ひろこの自由研究c

三春滝桜開花状況2018(2018/4/8) - ひろこの自由研究

きっかけ

花見山公園周辺は自家用車の乗り入れが制限されている。(…現地に行ってわかりましたが、よくありがちな有名スポットと同様ド早朝だと車乗り入れは迷惑にならないようにすればまあアリっぽい。ただし6時半くらいに警備の方がいらっしゃるので、その前には撤収)福島駅からもタクシーで定額で1500円で行けることがわかったので、早朝に福島駅について、すぐ移動すればまあ写真撮るのもできるかな。と思い実行。

 

夜行バス選びのポイント

4月に花見山に行く、ということに限定すれば、福島駅に早朝5時台夜行高速バスが良いと思われる。(わたしらは都合により4時着…)4時では空はまだ夜で真っ暗。

…わたしらがこの弾丸夜行高速バスを思い立ったのは、4/5の夜。早朝5時台福島駅到着のバスは割と満席。

というわけで、発想を変えて、「最終到着地山形県福島県は通過降車する場所」となっている高速バスを見つけてこれを予約。(高速バスサイトではわりと目的地一直線、みたいなもののみ検索結果として提示されることが多いけれども、発想を変えるとこういうことができる。ということもわかった。)

23時過ぎ東京駅近くのバス乗り場発、途中どっかのサービスエリア休憩があったぽいが寝てて気づかず。翌朝4時近く福島駅着。バスは横三列のもの。結構満車。福島駅で降りたのはわたしらを含めて(ディズニーランド帰りの人)4人ほどだった。

 

花見山公園に移動

4時に福島駅についてから、コンビニで時間つぶし…その後花見山公園に1500円くらいで定額設定されているかをタクシーの運転手さんに確認して移動。

社会の教科書でしか見たことが無かった「阿武隈川」のホンモノや国語の教科書でしか見たことがある智恵子抄の「安達太良山の上の青空ってどんなんかいな。」と思いながら移動…

 

夜行高速バスを使って写真撮影をする人は他にもいたのか?

タクシー乗り場にいました!!

相乗り。(タクシー)お声をかけようかと思ったが、やめといた。(若いお兄さん)

わたしだけの思い付きである「夜行バス写真撮影ツアー」というのが実は他にもやっている人がいたんだ…である。

 

その2に続く…ここまではまあ順調。移動に関しては。朝4時に福島に着いたときは月が見えて、星キラリ、だったのだが、なんと曇って風がときおりビュンっと吹く。

↓この後雨がチラリ振り…運良く行きのお客さんを乗せて来たタクシーが空車となってたので、駅まで戻る。

f:id:hirokows:20180412073854j:image

 

 

 

 

 

三春滝桜開花状況2018(2018/4/8)

2018/4/8に出かけてきた弾丸福島お花見日記の続き。

その1↓福島市花見山

花見山公園開花状況2018(2018/4/8) - ひろこの自由研究

以下その2…郡山市に割と近い、三春町まで南下し、天然記念物の「三春滝桜」を観に行く。

いずれ、自由研究ネタとして書く予定だけど、今回は公共交通機関にて移動、ということをやってみた。福島駅から15分だけ新幹線に乗って郡山下車。その後ローカル線に乗って2駅目の三春駅まで移動。その後シャトルバスで20分ほど移動して現地到着。(2018/4/8 写真は11時~12時半くらい撮影)

まあ、かなりのミーハースポットではあるのだけど、人がこれだけあつまって、すごいね~と口々するのがよくわかった。立派な枝垂れ桜。

 

ほぼ真ん前より

お花詣での行列をのろのろと進み、なんとか真ん中あたりまで進む。ここまで末広がりで元気な枝垂れ桜は初めて見た。支柱のつっかえ棒の存在もあまり気にならない。

f:id:hirokows:20180411074246j:image

 

のぞき込むの画

花がわっと押し寄せる

f:id:hirokows:20180411074313j:image

三春滝桜一帯の全体構成

滝桜の後ろに菜の花、その後ろにもモリモリ桜(これはたぶんソメイヨシノだと思われる)

f:id:hirokows:20180411074353j:image

到着時の状況

絶望的…(11:07)

f:id:hirokows:20180411074431j:image

今年初めて雲と桜を一緒に見たの画(11:45)

写真は忍耐力…

f:id:hirokows:20180411074459j:image

裏面

どこから見てもビジュアルがよろしい。

f:id:hirokows:20180411074527j:image

お昼の時間帯、というのは写真撮るにはどうかね…な時間帯なのだけど(太陽の光が強すぎ)ちょうど滝桜の真上あたりに太陽がいらっしゃったため、どの角度から撮影しても逆光にならんのよ・・というのが大いなる収穫であった。

 

自由研究編に続く…