ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

ダイレクト課金にお金を投じたい今日この頃…

「おとなしい、お行儀がよろしい、熱心、信者…

夫のミスチルファン論はこんな感じらしい。

前の二つはライブ会場などで遭遇する人々に対して思うことらしいのだが、後ろ二つはわたしに対してのことである。

先週の木曜日より放映されている深田恭子さん主演の「隣の家族は青く見える」というドラマの主題歌がミスチル担当なのだ。

しかも、この木曜日のめざましテレビも5時台のめざましテレビアクアから熱心にわたしは観ていたのだが、一切ドラマの主題歌が流れることは無かった…

当日のドラマのなかで初解禁だった…

ドラマを録画して、中身を一切観ず、エンディングだけ観て、数回同じことを繰り返し、ほ~。素晴らしい~。などと言っているわたしを呆れて夫は見ていた。

「信者だね…ミスチル教…曲も当然買っちゃうわけ?」と夫。

「信者じゃないよ。違うよ。ダイレクト課金ビジネスにお金投じてるんだよ。」とわたし。

 

ダイレクト課金ビジネス…というもの。

最近、アーティストと呼ばれる人(特に音楽、あるいは超特徴のある活躍をしている方々)は、ファンからダイレクトにお金を課金してもらえるから、スポンサーの意向を気にしなければいけないテレビに出なくても、生きていくことができる…ということを今更当たり前に知る。

ミスチルはまさにそうだよ…ファンが直接投じるお金だけでやっていけるんだよ。

ライブのチケット応募権利が一回だけ増える(ファンクラブ先行)ことだけのために毎年お支払しているファンクラブ会費とか、(あくまでも応募権利が一回だけ増えるだけであって、落選することももちろんある)結果的には数回観て本棚の飾りになるDVDとか…(決して断捨離の対象にはならない)

 

熱心なわたしは、この日の0時にitunesに解禁になったドラマの主題歌である「here comes my home」も当然ダウンロードしたのであった…

…ドラマのエンディングではセリフと被って音楽が流れていたこともあり、イマイチ歌詞とかが不明だったのであるけれども、曲をフルで聞いた感想としては、感動系の曲でございます。わかりやすいところで、Tomorrow never knowsみたいな感じ…

 

 

今一番ダイレクト課金したい先。

今わたしが一番ダイレクト課金したい先、というものがあり、百貨店に行ってもこれかで興味シンシンだったのは、食べ物系の物産展だったのだが最近は毛色の変わった催しモノに夢中なのである…

「日本の匠の技を集めました系」

…デパートの催し物会場で伝統工芸の職人さんが実演販売していたり、知る人ぞ知るマニアックな工芸品を集めた系のイベントである。大量生産はしていない系。

今一番欲しいものは、

「イケメンわっぱ弁当箱」

…別にイケメン職人が作っているんじゃなくて、見た目がイケメンさんのわっぱ弁当箱なのである。今の適当弁当箱じゃないイケメンわっぱ弁当箱に入れたい…自分で作るから中身はバレていて面白くない自分の弁当も、見た目が数段上がり、気分も上がるはずである…

ガチなものだと1万円近くもする…まあ相当気に入れば買うのもアリ…ではあるが、アンダー1万以内でほしい…

具体的なイメージはもうできているのである。サイズは450ミリリットル、できれば角型、

…が、なかなかイケメンわっぱ弁当箱にお目に掛かれてない…

 

「ツヤツヤになれそうな柘植の櫛」

…最近パーマをかけるのをやめたのである。そして、毛根の衰えも気になる今日この頃。柘植の櫛で髪をとかすと、髪の毛が元気になるらしい。

…ああほしい…櫛ごときで5000円以上とかするのだけれども、欲しい…

これも具体的なイメージはできていて、半月型のもので、手のひらサイズで歯が細かくないもの。

これもまだ理想な美人柘植櫛にはお会いできていない…

 

 ↓ダイレクト課金の一例…

最近出たDVDとファンクラブの会報誌。

会報誌によれば現在アルバムのレコーディング真っ最中っぽい。

楽しみじゃ…

f:id:hirokows:20180122081729j:image

 

 

 

 

 

 

ウサギの肉の味(初めて食した)

先日友人たちと食べたスペイン料理屋さんのパエリアは「ウサギの肉」入りだった…

お店の人は「鶏肉みたいな感じですよ~。」とおっしゃてた。興味シンシン…

で、実際…

「あ、このとろけるやつ、ウサギの肉なんじゃないの?」

「あ、あるある。とろけるやつ。これだね~。」

なる会話を繰り広げる。が、よくよく見るとそのとろける物体は楕円形だった…

これ、豆なんじゃないの?なる話になり(白インゲン

「そうだね~あはは~。」

で、ウサギの肉ってどれなんだろね?と再度確認。

口に入れると、あれ?鶏肉とは違う。と思うお肉があった。

なんか、野生の味がする…ちょっと鶏肉よりも硬い。

ビーストの味…ということで一同納得…である。

わたしはわりと大丈夫な味だった。

 

家で食べれないものを外で食べるってのは楽しい。と思ったはなきんの出来事。

↓ウサギの肉よりカタツムリ風エスカルゴの殻が目立っております…

エスカルゴとウサギの肉がはいったパエリア。

 f:id:hirokows:20180121120927j:image

 

 

 

 

 

料理教室で習った料理時間短縮の技3つ。

キッチンに立ったら30分以内でごはん、が理想なのでありますが…なかなかそうはいかない。

試しに先日ロールキャベツを作って食卓にだすまでに何分かかるかね?なんてことをキッチンタイマーで計測したら(ロールキャベツときんぴらごぼうを作った。残りは作り置きおかず対応)なんと、60分越えである…

それも、一応料理時間短縮の技を思い出したように駆使しての結果である。(普段はやれてないという残念な事実…)

なぜにもうちょい素早くできなかったのか?は、この料理時間短縮の技をカンペキにこなすには、意外と準備が大事だからであります。以下料理教室で教わった料理時間短縮の技を。

 

すべて材料や道具を目の前に置いてから料理する。

…たったこれだけのことなのであります。これは料理教室の先生から聞いたことであります。使う材料全て冷蔵庫から出し、使うお鍋とかヘラとかも全て出してから料理開始。

…これがいざ全て出したつもりでも、なかなか出せてなく、あ、コショウ出してないとかなんやらかんやらやってそのたびに手を洗って、拭いて、冷蔵庫から出して…なんてやってると、冷蔵庫の取っ手もちょっと汚れ、時間もかかり…であります。

料理教室では食材や材料は全て目の前にそろってる。だから調理作業だけに集中できるんでありますが、自分でやると、準備&調理作業の同時進行…マルチタスクはあかんのであります。

↓全て食材や道具を出した気満載の図…実際は牛乳、胡椒、タコ糸が足りていない…

f:id:hirokows:20180119055417j:plain

全て切ってから火にかける。

これも料理教室の先生にいわれた。「全て切ってから調理開始したほうが早いです。」と。

…今回のロールキャベツの場合だと、玉ねぎ炒めつつ、電子レンジでキャベツの葉っぱを剥がして蒸して柔らかくして…なんていうマルチタスクは本来はダメなのであります。正しくはみじん切りを済ませ、キャベツの葉っぱをはがしてから、みじん切りを炒めつつ、キャベツの葉っぱを電子レンジで蒸す。ってのが時短への第一歩。

 

盛り付けの方法。

プロの料理人がお鍋やフライパンを手にもって盛り付けするのは、ソース類の時だけらしい。ソース以外の個体(お肉とか)はお鍋やフライパンは置いて、お肉をつまんで、お皿に載せるらしい。こうしたほうが見た目美しく盛れるんだそうだ。

 

…いかに普段ちゃんとできてないかを改めて認識…さすがにロールキャベツ30分で食卓、はキビシイが(圧力鍋で20分加熱もする)もうちょい早くできたはずである…

冷蔵庫の開け閉め、戸棚の開け閉め、はなるだけ回数減らすだけでもだいぶ違うと思った次第。

 

 

f:id:hirokows:20180119055822j:plain

 

 

 

 

写真展の見方

成人の日(2018/1/8)に両親が新幹線で長野県から東京まで来た。(なんと父が撮った写真が銀座の富士フォトギャラリーで、とあるコンテストの入選作品として飾られる、というなかなかの快挙を成し遂げたのである。)

現地案内係として、わたしも一緒に父の写真を観に行った。

 

父の写真を見たい。ってのもあったのだが、最近自分のなかでのマイブームがあり、

「今回のような入選作品が一同に会するような写真展に、並び順に明確な意図はあるのか?」

ということを考えてみたかったのである。最近のマイブームは写真展の並び順の意図なるものを自分なりに妄想する。というものがあるのだ。

(写真はふるさとのいいとこアピールをする、みたいな写真が中心に展示されていたので、関東甲信越地方の風景良さげスポットやお祭り風景が多かった。)

 

 きっかけ。

…わたしが最近注目している写真家さんに「竹沢うるまさん」という方がいらっしゃるのだが、(わりとキャノンの新製品のカタログなどに登用されていたり、ご自身も3年くらい世界放浪の旅をなさって、なかなかワイルド社会主義国で捕まりそうになりながら撮った写真があったり、キャノンの会報誌なんか掲載されている文章がなかなか写真のワイルドさに反して繊細な美しい文章だったりとか、撮った写真がナショナルジオグラフィックで賞を取ったりの多才なお方である)この竹沢さんが去年の夏にやっていた写真展でのトークショーでなかなか私にはない観点のことを言っていたのだ。

「写真展においては、写真家は明確な意図をもって写真の順番や構成を考える。なので、どういう意図でこの順なんだろ?って考えると楽しいですよ。」

竹沢さんご自身も自分以外の写真展を見る場合、そういう見方をしているんだそうだ。

 

で、今回のふるさとよいとこ自慢が分かる写真展。

実際のとこは、入選作品のほかに県知事賞とかのさらなる上位作があり、やはり入口近くに飾られていたが、あとの並びは県ごと、というわけでもなく、実際のとこどういう意図で並べられたのかは正直なとこよくわからんかったのである…

 

 今度はわかった。

そのあと、寄りたい写真展があるとのことだったので、東京ミッドタウンにある富士フォトギャラリーでやっていた山岳写真展も一緒に観に行く。

こちらは一枚写真を見た瞬間「あ、順番間違えた。」とすぐわかり、正しい経路で見ようとすぐ引き返す。

超特大大引き伸ばし写真(3メートルくらいの幅)がどーんとわたしの目の前に。

最後の写真を最初に見てしまった…

 

それまでは、写真を一枚一枚みて。ほ~。となるだけであるわたしだったが、この並んでる順番を考える。ってのをやり始めるとわりと楽しい。オススメ写真展鑑賞法であります。応用として美術展なんかでも使えます。

 

 

 

 

 

音楽と真摯に向き合う2018 ③

約三週間空いたのちのレッスン。

ベートーベンの悲愴という曲を4月の終わりくらいまでに卒業することを到達点と、している。
全5ページのうち、3ページ半分くらいまで何とか進行…進行とはとりあえず音符の並び通りにコトを進めることで強弱やらの味付けは一切無い状況。まあ、学業に例えるなら、通学路を覚える最中…(2018/1/15)
今回は面白いことを教えていただいたのでそのことを。
「音大でピアノ専門の方で掌サイズ問題に悩む人っていないんですか?」
先生の学生時代のお友達がやっていた掌サイズ問題解消エクササイズというものがあり、
それはなんと、割り箸一本を手のひらめいいっぱい開いて挟むエクササイズというものなのだけど、
普通の人は殆ど挟むことができない。(私も出来ない)が、やってると、だんだん手のひらが、開くらしい。
…割り箸を使った手のひら開脚エクササイズ…

これからもずっとつきまとう掌サイズ問題の解決の一助となるか?

f:id:hirokows:20180116075807j:image

 

ビストロorヘルシオ(いっときの浮気なのか?)

オーブンレンジの買い替えを絶賛お悩み中のわたし。熱烈にシャープのヘルシオウォーターオーブンに恋い焦がれるのであるが、なかなか浮気できないそのあたりのことを。

 

何故にヘルシオに惹かれるのか。

家電はパナソニック第一主義である我が家。ほとんどの家電はパナソニック製である。

今のオーブンレンジもナショナル製(書くのも恥ずかしい…パナソニックではない)のビストロである。当時の最新鋭機種でスチームもどき機能もついてるのだが、ほとんど使った事が無いという残念な事実も併せてお伝えしておく。

 

今回の買い替えも「パナソニックのビストロ」を買うことが自分のなかではほぼほぼ決定していた。

が、ここにきて、シャープのヘルシオウォーターオーブンなるものが、いろんな面で非常に素晴らしいことを知る。

もし、ヘルシオウォーターオーブン買ったら、やってみたい&素晴らしい効用とし

「スチーム機能を使って肉や魚を焼く以外に野菜を蒸し焼きにしたりおかずそのものを作ったりする。」

ヘルシオウォーターオーブンは調理そのものに対して絶大なる威力を発揮&直火を使うコンロの掃除の手間が省ける。」

 

掃除面に関する考察

勝間和代さんが紹介してているのが、

「コンロを使わない生活。ってのは、コンロ周りの掃除の手間も省けるんです。ヘルシオスチームオーブンで肉を焼いたり、野菜を蒸したりすれば、ヘルシオスチームオーブンのお掃除機能に任せるだけで庫内がキレイになるんです。コンロ使わない生活だと油が飛び散ったりしないんです。」みたいなことが紹介されていた。

 

 100パーセントヘルシオスチームオーブンに焼く系のことをお任せすることは無いとは思うけれども、コンロを使う頻度は減りそうである。

 

調理面に関する考察

わたしのちょっとだけマジ説明を加えると、

ヘルシオウォーターオーブンの最大の売りはスチーム料理(70度とか)ができること。」

「高温でガンガン野菜を蒸したり焼いたり、肉を焼いたりすると、細胞が速攻破壊され、浸透圧ができなくなり、水分も抜けるは、味がしみ込まないわ、で食材がまずくなる。」

ということなのである。

 

ここまで熱烈にわたしが恋い焦がれるヘルシオウォーターオーブンであるが、なかなか決断ができない。

 

オーブンレンジを買い替えようと思った根本の理由は何だろか?

半年前の理由:ケーキをちゃんと焼きたい。(今のオーブンレンジはイマイチ熱の回りがよろしくない。)

今の理由:ヘルシオウォーターオーブンで健康、美味しい、ラクチン生活を送りたい。

 

しかも、スチーム機能といえどもいろいろあるっぽい。

ヘルシオウォーターオーブンは加熱水蒸気だけで調理する。

パナソニックのビストロオーブンレンジは、加熱水蒸気&ヒーターで調理する。

…やはり調理という観点だと、ヘルシオのほうが細胞の破壊度が少ないことが容易に想像ができる。

グラリ気持ちが揺れる。

 

…浮気どころか離婚ですよ…

ケーキがうまく焼けん…というあのイライラはどこに行ったのであろうか??

もちろんヘルシオウォーターオーブンでもケーキやパンを焼くことは可能。

だが、振り返るとわたしが一番心から欲しているオーブンレンジに対する機能というのは、ケーキやパンを焼くときにその真価を発揮する「コンべクションオーブン」という機能なのである。

コンべクションオーブン…ファンを内蔵して空気を滞留させて庫内の温度を一定に保ち焼きむら防ぐ特性がある。

一般的なオーブン…オーブンの庫内の上下にあるヒーターで焼くので焼きむらができやすいとされている。

 

ヘルシオウォーターオーブンにも上位機種にはコンべクション機能は確かについている。上位機種を買えばまあ問題解決である…(コンべクションオーブン機能以外にも上位機種ならでのおハイソな機能満載なのだが、それらを使うとはとても思えないという問題もある。)

が、ヘルシオウォーターオーブンのパンフレットを見てみると、コンべクションオーブン機能に関し、1/6ページのスキマでサラリとしか語られていないのである。

一方のパナソニックのビストロスチームオーブンレンジは、コンべクション機能に関し見開き2ページで熱く語られている。

ヘルシオはやはり調理専用メカなのだろうか…といち消費者の立場では思ってしまう。

 長年お付き合いしたパナソニックとここにきてお別れをしてしまっていいのだろうか?

 

趣味と実益…毎日の食卓をラクチン美味しくするか、それとも自分の趣味を優先させるか…悩む。

今ならまだ浮気だけである。これがパナソニックからシャープに移行したら完全なる離婚状態。後悔は無いのか?ケーキちゃんと焼けるだろうか?

 

一瞬迷いが消えたが、ダメだった。

家電量販店に行くと、このヘルシオはかなり目立つ。

理由は「色が赤い」からである。

世の中のオーブンレンジ系の家電はほとんどが白、黒なのに赤はかなり目立つ。

…ちょっと目にうるさいな。と一瞬浮気心がおさまった。やはりわたしは質実剛健な白中心の家電が好きなのだ。

が、パンフレットをよくよく見たら、白い製品も色違いであるっぽい。

ああ、悩みはまだ続く…

 

おまけ…

この家電浮気離婚問題は、先日フォトサークルの飲み会で出た話題で、

カメラのメーカーを変えるというのは浮気を通り越して離婚問題だ。なる話題になった。

一眼レフのカメラはキヤノンのカメラにはキャノン専用レンズしか基本的には使えず、もしニコンソニーに浮気をした場合、全て買い替えなければならないという慰謝料的金銭的代償を払ってまで、実行して更なる良い写真が取れたり、満足したりするのかは究極だ。みたいな話になったことを思い出した。

 f:id:hirokows:20180115074803j:image

 

 

キッチンタイマーを使い倒して家事効率化を考えてみる。

 
不便は放置しない、解決するように方策考えましょう。
…経済評論家の勝間和代さんのロジカル家事、なる本に書かれていた一文で、
勝間さんは料理に関しては時間がかかる点、我流でやると美味しく出来ない点、を本で紹介していて、この、不便さの解消方法として最新の調理家電(ヘルシオオーブンやヘルシオの電気調理鍋)の活用により火加減放置、塩分濃度は決めたパーセントでちゃんと計算すれば味は一定に美味しくできる、なることが紹介されていた。
…オーブン買い替え模索中の、私にはこの、ヘルシオスチームオーブン購入はかなり揺さぶらとる…(が、決断がつかない理由はまたネタの一つとしてブログに書きます。一言換言なら、趣味と実用の狭間で揺れとる)
 
…料理時短したいのは山々ではあるが、コレするのに何分?てのを今まであまり考えたことがなかったので、ここ一週間は自分の所作に要する時間とちゃんと量を計ってから料理することを徹底してみた。
 
専らの不便の代名詞の朝ごはん
不便さ(認めたくないが、トースター断捨離をしてからこの問題が改めて浮き彫りになった。)朝ごはんの準備、おかず、コーヒー、トースト、自作弁当、の4回転半ジャンプ…気がそれぞれに回らない。必ず何かを焦がしたり、無駄に時間を使ってる感じがあった。
 
キッチンタイマーを使うきっかけ
そもそも、朝のキッチンでの一連の作業に何にどれだけの時間がかかっているのかを全く把握していなかったので、把握してみたかった。
 
コーヒー
ちゃんとコーヒーサーバー一杯分の水をやかんに入れて沸かす。3分…
今までは適当にやかんにお湯入れてました。足りない、多すぎて沸騰するまでに時間要していた。
 
目玉焼き&ウインナー
冷たいフライパンに油敷いて卵割ってウインナー端っこに寄せて(輻射熱で生モノもよく焼ける)
タイマー4分セット、一回チラ見1分くらいでやかんのお湯投入、蓋して残り3分出来上がり。
今までは適当焼き。目玉焼きが超固焼きになったり、がしょっちゅう。
 
トースター亡き後の目下の悩みのトースト
電子レンジにキッチンペーパーで包んだ食パン600ワットで30秒。同時に魚焼きグリル予熱。
電子レンジから食パン出したら、魚焼きグリルに入れて、キッチンタイマー二個を30秒でセットして、タイマー1個目計測。ピピッと鳴ったら裏返しバター乗せてもう一個のキッチンタイマー計測。キッチンタイマー2個使い。
出来上がり。

 

キッチンタイマー使い倒して見えたもの。
カンではなく、ちゃんと時間計れば、朝の4回転フル回転な準備もうまくいく。
 
100均のキッチンタイマー購入の流儀
テンキー方式(電卓みたいになってるもの)は買いだとおもう。写真のは100均のセリア先生にて購入。
デジタル方式のものは、いちいち9とかに設定するのに、1~9までの数字を押さなければならないし、100均のキッチンタイマーで無用な押しまくりをするとすぐに壊れそう…

f:id:hirokows:20180113221210j:plain