ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

勝間塾2020年1月度月例会に照らし合わせ自分の購買行為を振り返る。

2020年1月18日にWEBライブ視聴した勝間塾1月度の月例会ねたについて書いて見る。
月例会タイトルは「いつもカモられている人のための行動経済学
この月例会の学びを「スチームアイロンを買う」というわたしの先日の行為を今回の月例会での学びに照らし合わせてみる。
 
スチームアイロンから蒸気が出なくなってしまった…
20年間の長期にわたり稼働してきたナショナル製のスチームアイロンがアイロン機能は大丈夫だけどスチームが出なくなったので買い換えることにした。
金額にして1万円前後。そこまで悩まなくてもよさそうな買い物である。 
そこまで悩まんでも、と思ったけど、そんなに壊れ無さそうなアイロンを買う、という行為はもしかしたらわたしの人生においては最後のことになるかも。とかどうでもよいことを考えてしまうと、なかなかハードルの高い買い物である。人生であと何回コレかうの?は先日車を購入したときに思った事である…この車が最後にはならないとは思うけど、そんなに頻度は高くないから、オットの趣味を優先させましょう。なることを想ったのである。
 
月例会のタイトルだと「カモられるな、わなにはまるな、騙されるな」でありますが、
結論としては「人間は感情で動く、そういう特性があることを認識した上で理性もはたらかせよ。」というのが一番の学びであります。
きっかけとして、感情が揺さぶられるのはあたりまえ。だけど、それに流されてはいけない。
 
購入前
パナソニック一択だな・・・
理由は我が家の家電製品の占有率ほぼ100パーセントなこの会社の製品。世の中に家電は二種類ある。パナソニックかそれ以外か…状態である。
この時点で馴染みあるものをついつい選ぶという「単純接触効果」なるものに侵されているのである。
単純接触効果、とは、選挙において顔と名前が一致する人ほど得票しやすい、というのが分かりやすい例である。
 
アマゾンで目星をつけるその1
パナソニック」「スチームアイロン」とアマゾンの検索窓に打ち込んで調査開始。
ついでにアマゾンのレビューはその質に問題があるとわかっていながら、レビューやら星の数も確認する。
バンドワゴン効果」に侵されている状態である。
バンドワゴン効果、とは、みんなが買っているから安心する。
ちなみにたまに見かける紺色ロゴ「Amazon Choice」アマゾンチョイス、などの表示が出てくる商品はAIが「たくさんの人が買ったよ」ということを暗示してくれてるんだそうだ。アマゾンオススメという意味ではないんだそうだ。
 
アマゾンで目星つけるその2
家電のパンフレットだとオープン価格となっているところにアマゾンでの販売価格が表示され、しかも訂正線が引かれ、実際のアマゾンでの販売価格がお安くなっている。
欲しけりゃ、値段は度外視、が一応のわたしのポリシーなのだが、超気にしてるじゃん…
定価より安いと納得、安心。
「アンカリング」に侵されている。誰かが決めてくれた値段、を参考にするのがラク
 
実店舗にいき再度調査
近所の家電量販店に調査しに行く。主たる調査目的は「重さの確認、持った感じ」である。
なのに…要らんことがやはり気になる。
 
「在庫一掃」「ポイント多めにつけます」系の文言に目が行く。
「希少性の法則」に侵されている状態。
実店舗での在庫一掃、ポイント10倍はアマゾンでいうところの数量限定のタイムセールも同義である。
 
結局この日は購入行為に至らず。
パンフレットを熟読。
スチームアイロンの価格というのはスチームの出る穴の数、アイロンをかける面の材質、で変わることが分かった。
稼働歴20年超の骨董品のナショナル製アイロンはスチーム8穴、であった。
最近のパナソニック製のものだとスチーム穴は一番スペックの低いもので18穴である。高級機種だと32穴である。
一番お安いものでも十分用が足りるんではなかろうか。なる想い。もしかしたら人生最後のアイロンの購入かもしれないのに…いいのだろうか?松竹梅でいうところの梅クラスのものを買ってもいいのか?最後の買い物になるかもしれないのに…せめて竹クラスを買うべきなんじゃなかろうか?
 
さらにここで追い打ちをかける悩みが生じた。
今使っている骨董品アイロンはコードがお邪魔なタイプである。新しく買うのならコードレス一択だな。とも思っていた。
ところが、コードレスのスチームアイロンってあんまり馬力が無いのね…である。高温設定でスチーム使うというシーツにアイロンをかけるときに想定されるシチュエーションだと高級機種ですら3分しか持たない、これはどうとらえればいいのか?
ほいよっこいしょ、とアイロン台からシーツを動かしてポジション変えたりするときに、充電するホームポジションに戻して休憩させてまた使えばよいのであろうが、
そもそもわたしはシーツ一枚アイロンかけることに関し、所要時間を把握していなかったことに気付く。テレビをぼーっと見ながら手を動かす感じなので全く時間感覚が無い。
とりあえず、パンフレットの熟読とシーツ一枚アイロンかけるのにどのくらいの時間がかかるのか、ニット一枚にどのくらい時間かかるか?をちゃんと把握したうえで、人生最後のアイロン購入に見合うものを買うことを小さく心に近い、家電量販店を後にしたのであった。
 
霧吹きでシュッシュでも今のところ大丈夫だから、このまま何もしない最悪な現状維持、に陥るのだけは避けたし…
そこまで困っているわけでもないのがああ悩ましい。でも、最近のスチームアイロンは衣類スチーマー的な使い方もできそうなのでやはり買うべきだな…
 
月例会ネタまだ続きます…
 
↓スチーム穴八個でも大丈夫なんだがな…
 
f:id:hirokows:20200124073145j:image
 
 
 
 
 
 

日ペンのボールペン習字練習日記4

2020年のオリンピックの開会式までに終わらせることを目標としてはじめた日ペンのボールペン習字。今のところ楽しくやっております…日ペンのボールペン習字。だんだんと練習時間の短縮化も図れたというか、言い方変えれば適当になった…というか、結局やっては忘れ、やっては忘れ、の繰り返しやら、あ、こういうときはこういうとこ気を付けるのね。的なことが徐々に身につくの繰り返しである。

 

丁寧に書いたつもりが何故に今までは美文字にならんのか?のわたしなりの見解…

決して美文字とはいえない通常の無酸素運動状態の一気書きのわたしの字。

だが、何かの申込書とか芳名帳や電話メモとかはそれでも一応ちょっとは気を付けて書くのである。「丁寧に書こう」という気持ちだけは一応あり、一応丁寧には書いてはいる。決して判読不能筆記体にはならないようには心がけているのである。

が、これが美文字にならないのは、「正しい型を知らないで、単に丁寧にやっている。

いわゆる型無しで所作を繰り返しているのではなかろうか。」なるわたしなりの見解である。

正しい型を知らなくて、幾ら丁寧にやってもダメなのであろう。ピアノだって楽譜通りの指使いに忠実にやらないと、幾ら丁寧に弾いたとしてもうまく流れないの。

料理だって幾ら丁寧に作ったって、正しい型というか手順やら分量を守らないとダメなの。

と一緒であるんじゃなかろうか。である。まだお稽古初めて4日目…わたしとしては大いなる気づきであった。

文字を書くうえでの「正しい型」なるものを地道にマネする日々はまだまだ続く。

 

本日の進捗

趣味まるだしの文字の羅列をしてみる。4日目の課題に含まれていたのは「み」「す」「る」である。「ち」はすでに過日におさらい済みのもの。上段通常の無酸素運動状態一気書き、下段一応練習後の字。

 

f:id:hirokows:20200113220013j:plain

 

「み」は最後のタテ線、実は長さがヨコ線に対して分量が違うのよ。下半分は長めに。

「す」これは左側のヨコ線とタテ線の上半分が同じ長さなの。

「る」この文字は左右対称な形になるのが理想なの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日ペンのボールペン習字練習日記3

2020年の東京オリンピック開幕の日にはコンプリートすることを目標とする日ペンのボールペン習字講座の練習日記。

これまでの進捗

ひらがな、は48文字、今のところ一日当たり8文字のひらがな×3日分=24文字

ひらがな半分折り返し。といっても、それぞれの字の気を付けるポイントがきちんと記憶されているわけでもなく、お手本に書いてある注意事項を見ながら、意識しながら書くとなんとか見れる字が書ける状態。

3日目の課題もひらがな8文字。

 

節度をもつとは?

「節度」とは、度を越さない、適度な。

よく節度を持った行動しましょう的なことしかわたしは思いつかない。

が、字を書くときも「節度」なるものが必要らしい。

節度をつけて丸いところを回す、今までのわたしは無酸素運動一気書きというより節度無書き。

上段はいままでのノー意識一気無酸素運動書き下段は一応節度もって書いたつもりの字

節度ないゆえ、全てにおいてまるっとなっている。過度に丸い。角っぽいところが無い。

 

 

f:id:hirokows:20200113215800j:plain

 

「の」は丸くするところ、まんまるにしない。節度をつけて丸くすること。テキストにはこんな感じに書かれてあったのだが、ちょい角ばって、でも丸めに、みたいなイメージか?わたし的理解によると。

 

「お」左側の丸いところ、一気にまるっと書くのでなく、曲げてから止めて、右上がりに。点は高いところに。

 

「ち」は最後の払い長すぎない。センターライン超えない。

 

道半ばであるが、すでに苦手なひらがながあるという残念な事実…

ひらがな48文字のうちの半分24文字終わったところですでに苦手ひらがなが存在。

「き」「か」「ゆ」「め」

 

 

 

2019年に行ってよかったところ経験してよかったこと、を今更ふりかえる。

2020年も10日ほど経過しましたが、2019年にわたしの心を揺るがした経験、行ったところについて書いてみる。2020年もこんな風に心揺るがす経験、お出かけができるといいんだけど。

 

1位…はじめてのダイヤモンドダスト

2019/2/10

一眼レフなるものを手にして10年くらい…探し求めていたものにやっと出会いましたとさ。の霧ケ峰高原でのダイヤモンドダスト

湿気多くて、無風で、寒くて、太陽も一応出ていて…の条件がそろわないとお目にかかることができない自然現象・・・これを撮るため、見るためにここ数年、北海道に何度も行ったくらいである。たかが数回のトライで諦めてはいかんのだが、なかなかお目にかかるのは難しいな。と以前から思っていたのだが、諸条件が重なったか?と、半分勘で出かけたところ、大当たり。

高速道路の出口から東京ナンバーの車が数台モーレツな勢いで山を登っていくのを追いかけていきましたとさ。道中低地でもすでに枝がチョコレート菓子の小枝ちゃん状態であった。これはイケたかも。と言う願いが、現実となって、キラキラ光る光のショーを目の当たりにしたときは、何とも言えない。

f:id:hirokows:20200115073821j:image

f:id:hirokows:20200115073935j:image

2位…Mr.Children Dome Tour 2019 Against ALL GRAVITY

2019/5/27

ミスチルのドームツアーである。東京ドーム公演がハズれたが名古屋ドーム公演が当選したので行ってきた。

ライブのすばらしさについては、何も言うことないのだけれども、なにごとにも「終わり」なるものがある、ということを改めて意識をした瞬間があった。

それは、公演中の桜井さんが要約するとこんなことを言っていたのだ。

「令和になりました。同年代の歌手の方が病気になられたり、アスリートの方が引退されたり、というのを毎朝ネットニュースで見ると、自分もいつまで歌えるのかな。と思ったりもする。ですが、あと一曲、は謙虚すぎるけれど、あと10曲、皆さんの心を揺さぶる曲をつくりたいです。」

…終わりを意識されてるってことなのね…歌いたくても声が出なくなっちゃう日もいずれ来ちゃうかもしれないのね…

これ以上考えると悲しくなるのでやめときますが…

あとはこのライブ、以前から欲しいな。と思っていたものが頭の上から降ってきた。

銀色テープ、よくアイドル歌手のライブなんかでパンっと天井から降ってくるやつ。

アリーナ席でもなかなかキャッチがムズイこの銀色テープ、今回はスタンド最前列席の通路側がわたしの席だったのだが運よくキャッチできたのであった。

f:id:hirokows:20200115074042j:image

f:id:hirokows:20200115074217j:image

3位…伊勢神宮

2019/5/28

令和になったので…というミーハー理由と伊勢神宮式年遷宮なるイベントがあり、お社そのものを何十年かに一度すべて建て替える。しかも、言い方わるいがお布施で…お社全てが今のお社、と、建て替え用の土地でワンセットになっている。というのを一度見てみたかったのと神様へ儀式みたいなのを、その昔から今まで毎日ずっと続けて、日本の繁栄を祈っている、トップオブジャパニーズ神様が祀られているところっていったいどんなとこなんだろう。というのもあった。

写真オッケーエリアも写真撮れる雰囲気ではなかった。そこらの神社とは全く違う神聖な雰囲気むんむん、そして、現在のお社と建て替え用の土地はワンセットであった。建て替え用の取りは紙垂で覆われていて地鎮祭状態である…

次の建て替えは2033年をターゲットに行われるらしく、すでにヒノキの木は伐採され、10年以上かけて乾燥とかさせるらしい…ということもチラっと耳にした。

ほぼ盗撮…写真撮る雰囲気ではない…参拝客のお願い感謝タイムがそのへんの神社とは明らかに違う長さ。右が今のお社、左が立て替え用の土地。

f:id:hirokows:20200115074304j:image

御朱印

f:id:hirokows:20200115074408j:image

4位 バレエ鑑賞

バレエ鑑賞というものを初めてする機会があった。

お誘いいただいたときは、「寝たらヤバイ」ということしか思っていなかったのだが、寝るヒマが全く無かった。

釘づけ…である。あんなに高い跳躍して着地するときに、音が出ないのですよ…どすん、みたいな音が。ソロ踊りも素晴らしいのだが、団体踊りも一糸乱れぬ…下品な表現で申し訳ないのだけれども、人間のやっている技とは思えないのである。

下世話にも、片足で立ってクルクル回ったりするのが多いから、左右の脚の太さとか違っちゃうのかな。とかどうでもよいことを思いつつ、バレエダンサーは二日休んだらもう元に戻すのにその倍の日にちを要する。という都市伝説はなるほどな。と思ったのである。

そして、聴いて観て、が生で楽しめる芸術があるということを初めて知ったのである。

そして、わたしバレエダンサーといえば、吉田都さん、くらいしか知らなかったのであるが、(くまてつさんも知ってるけど…)

なんと、税金もこういういい使い方がされているんだよ。という、文化庁バックの「新国立劇場バレエ団」なるものを初めて知る。そして、この新国立劇場の舞踊芸術監督がなんと吉田都さんが2020年に就任される、ということも知ったのである…

なかなかお手軽な値段で質の高い芸術が楽しめる、ということを知ったのであった。

2020年はわりと観に行く機会が増えそう。

f:id:hirokows:20200115074746j:image

 

 

 

 

日ペンのボールペン習字練習日記番外編1

東京オリンピック開幕の日には終了させることを目標として2020年1月より始めた日ペンのボールペン習字講座。

段ボール箱一式で送付された教材の他に入手したグッズとその理由について書いてみる。

 

f:id:hirokows:20200113215842j:plain

こくごノート

ジャポニカ学習帳的な小学校の時に使った記憶のある十字マス目入りのノートを購入。100均のセリアで購入。今回は15マスのものを購入したのだけれども他にももっと大きいマス目のものもあった。

 

こくごノート購入の理由

貧乏性というかセコイ症候群のため、テキストの練習マス目に直接書き込めないから。

テキストの練習マス目の数だけではうまくなれるとは思えないから。

というマトモな理由以外に、

メ×××デビューをこれら書き込み無しテキスト一式でやろうかな。なるアホな野望もある…2000円くらいで書い手が付きそうな雰囲気。

上記市場調査をするにあたり、メ×××で「へー」なる出品も同時に発見してしまった…「代筆しますよ。ご祝儀袋とか..」なるサービスの出品があった。

 

トレーシングペーパー

文具店で、書道用具コーナーとか漫画書く専用紙コーナーに置いてあった。B5サイズで50枚で約400円、一枚当たり8円くらい。

100均にも売っているけれども、10枚入りとかで枚数が少ないのと一枚当たりの単価が文具店で購入するのとほぼ同じ。

 

トレーシングペーパー購入の理由

初めてやることはなにごともマネが基本である。テキストを見ながら見様見真似をし、書き方のコツを読みながら、ふーん、と練習をするのだが、なかなかうまくいかないことが多い。というわけで究極のマネ…透ける紙を当てて、移す。体に覚え込ませる。なる技があることをペン習字体験者のブログとかで発見し導入…

結構お世話になってます。…効果は確かにばつぐん。

 

ブログのネタが尽きないのは良いのだが…

このままだとブログがひろこの自由研究からひろこのペン習字研究日記になりそうで怖い今日この頃…

毎日書くネタがあるのはよいのだが、そろそろいつも通りのブログも書きたい今日この頃。

 

日ペンのボールペン習字練習日記2

2020年の東京オリンピック開幕の日までにはコンプリートさせることを目標としてやりはじめた日ペンのボールペン習字講座。

書道、じゃなく初動が大事じゃない…何事も。なんとか来週中にはひらがな48文字をコンプリートさせて、「よろしくおねがいします」とか電話メモとかで使えそうな日本語をひらがなでかけるようにしたいのよ。というわけで日ペンのボールペン習字練習日記2に行きます。2020/1/11夜の記録。

 

本日の進捗

なんと、第一回目の課題を提出した!20分間練習(1日あたり)×15日をすると課題提出、が本来のスタイルであるが、第一回目のみは「自分の住所氏名を書いて送付する。」なるものである。ノー練習、ぶっつけ本番送付をしてください。となっている。

ノー練習の住所氏名をしためたわたしの提出物に対し、先生のお手本が返送され、今後は課題提出の際はこのお手本を手習いして書いたものを自分の住所氏名としてしたため、課題と一緒に提出する。というスタイルらしい。

…わたしの本名の苗字は漢字の画数が多い。そして住んでいるマンションの名前も普段は省略して部屋番号のみ書いているが、やたら長い。これもフル正式住所で書いて、通常営業の無酸素運動状態で一気に書いて送付。先日一日目の課題をやってわかったことであるが、文字を書く、というのは一気に書くのではなく、キモとなるところを集中してきちんと呼吸して書くべきものなのである。決して無酸素運動状態で一気に文字を書くべきではないのである。

 

以下二日目の課題をやったので、そのあたりのネタを。

今回も課題は「ひらがな8文字」であった。

 

画数が一個多いだけだけじゃないんだよ。「に」「た」は似て非なる文字である。

無酸素運動状態一気書きの字とわたしなりにキモとなる部分を一応は気を付け、呼吸を整えて書いた自主練後の画像…

 

f:id:hirokows:20200111184019j:plain

 

「に」「た」は上の横線はほぼ真横、下は右下に向いているのは一緒。であるが、

「に」は上の横線短く、下の横線長く、

「た」は上の横線長く、下の横線短く、書きはじめの左側の部分の横線は右上がりに書く、

なんですって…知らんかったわ。

 

「り」の小さな自己主張。

「り」だって小さな自己主張があるのさ…

「り」右側の長い縦線は左側の縦線に比較して、少し上から書く。

左右は仲良く向き合うこと。右側の縦線の最後のところ、はセンターラインをオーバーしない。

 

感想等

思っていたほど今のところは苦行ではない…へー知らなかったわ。ということが多く、結構楽しいのである。

ボールペン習字用お勉強グッズを仕入れ(そのうちブログネタにしますが)たり、まあなにごともやりはじめ、は楽しいのである。まさにその通り…

 

 

 

 

 

 

 

 

日ペンのボールペン習字練習日記1

2020年のオリンピック開幕日がわたしのペン習字の閉幕日となればいいんだけど。

わたし自身の字は読めなくはないけど…自分的には美しいとは言えない。美文字にあこがれること数十年…そんななか、1年くらい前の中谷美紀さんの結婚しました報告のお手紙が普通だとワード打ちのFaxであったり、ボールペンとかで書かれたののであったりする世の中の主流を占めるなか、「超絶美文字達筆すぎて読めないマスコミ宛毛筆タテ書き結婚しました報告お手紙」がテレビで紹介されていたのに触発されたからである。(お相手がウイーンフィルのビオラ奏者であることもオドロキだが)触発されてからわたしが行動を起こすのに、ずいぶんと長かったの…中谷さんのご結婚は2018年の11月である…

半年続けてどれだけの成果があるのか、を定期的に書いていこうと思う。

「日ペンのボールペン習字」を2020年のオリンピック開会式までに修了することを目標とする。

 

ひらがなというのは無呼吸で書くものだとおもっていたよ

さっそく一日目の課題…

「ひらがな」である。

恥ずかしいが、書道における漢字のトメとかハネとかは一呼吸おき、筆が止まる。ということはなんとなく小学校の授業でやった記憶がある。しかし、日ごろのわたしは漢字ひらがな両方ともほぼ無呼吸で文字を書く。

無呼吸、というよりは一気に書く。というのが近い。

無呼吸文字とチョイと規定の20分練習をしてからの文字。

 

f:id:hirokows:20200111072258j:plain

結びの形には二種類あるんだよ。なる学び。

いわゆるわたしの無呼吸文字・・・「ま、な、ほ、」のさいごの丸い部分。

全てがなんとなく丸い感じ。

日ペンのボールペン習字テキストによれば、

「ま、な」の結びの丸い部分は「三角おにぎりの形が理想。書き終わりの横線は横に膨らます。」

「ほ」の結びの丸い部分は「米粒のような細長い形が理想。書き終わりの横線は右下に抜く。」

なる~。今回だとこの結びの丸い部分入る前が気合ひと呼吸ポイントである。わたし的には。

わたしの20分間一本勝負のあとの画像だと、できてるようなできてないような…

 

20分で美文字、はムリなんじゃなかろうか…

おいおいネタにしますが、日ペンのボールペン習字の押しのひとことは「一日20分であなたも美文字」ではあるが、これはムリです…わたし的には。

今回は練習というよりも、ブログのネタのためにやったということもあり、20分練習でとりあえず上記の画像の感じになる。まだ練習マスを実際には使わずコピー用紙でチラ練習である。

 

今回の、一日目のひらがな課題としては、「8文字」あった。

A4 2ページの練習ページに、一文字あたり「9コマの練習マス(大昔のジャポニカごくご学習帳風の点線の十字はいったやつ)」練習本のほかにドリル的なものがあり、これも一文字あたり7コマの練習マス。

20分÷8文字=3分も無い…ムリですって…

 

早くも挫折するかほりプンプン…

予想に反して、課題が一気に送られてきたよ…実はひと月に一度づつ6か月にかけて送付されると思っていたのだよ…通信教育は自分のペースでできるのが最大の利点というけれども、わたしにとっては最大の欠点だよ…ということがわかっていながらも、日ペンの美子ちゃんでおなじみの「日ペンのボールペン習字」をやってみることにした。

ちなみに過去の通信教育黒歴史としては、会社の補助金が出ていた英語のヒアリングマラソン、がある。これは一か月に一度送付される系だったのだが、全部通しでやらなければ補助金が出ないというアホな理由があったからこそ続けられたわけであって…

 ド迫力・・・実は自宅に届いてからハコを開けるまでに一か月を要した…

無言の圧力をわたしの部屋で一か月かけていた箱を開封

f:id:hirokows:20200111072341j:plain

↓ハコの中身

f:id:hirokows:20200111072403j:plain