ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

カナダオーロラ鑑賞記5(体感温度マイナス38度の世界)

20200220から20200226まで五泊7日で北緯60度地点にあるカナダのど田舎イエローナイフにオーロラ観に行ってきました。

オーロラレベルというのは1から10まであるらしいのですが、私みたいな初めてのオーロラ体験的な人ならば、オーロラレベル3や4あたりでも十分感動できます。
5晩オーロラチャレンジしましたが、全く見えないという日はなかったです。
オーロラきれい、すごい的な感想文はあんまりつまらないので、今後もあまり経験しなさそうな温度計表示マイナス25度、体感温度マイナス38度、というものはいかなるものか、について書いてみます。

 

唯一の面白写真
面白写真を本来はブログに載せたかったのですが、iPhoneは外気に触れた瞬間冬眠仮死状態となり撮影できず。モバ入りバッテリーも冷蔵庫から出したてのバターの塊くらい冷たい。(冷凍庫に入れていたのかよ、の真っ白になった三脚とかカメラとか)

ホテルに帰って撮影。
ビニール地のケース(透明の割と厚手のやつ)が寒すぎて最終日ということもあり、持ってきたカイロは全て使おう、と追いカイロを私がカイロを取り出そうとしたら、ぱきっと割れました・・・普通だったら絶対に手では切れないビニールなのに。

f:id:hirokows:20200226042831j:image

ちなみに中身のカイロは未使用ですが、封を開けても全く使い物になりません。使い捨てカイロの封を開けると寒すぎて鉄の粉が固まって板状になってました。焼くまえの手作りクッキー生地をイメージしていただければ。


ひとこと感想
そのうち、ちゃんとブログで写真入りでご説明できるかな、でありますが、一言でお伝えするのなら、体感温度マイナス38度といえども、上半身はきちんと対策して貼るカイロを背中とお腹に貼れば大丈夫。下半身はスパッツの上に太ももに貼るカイロを貼って、気休め程度に足の裏カイロ、足の甲カイロを貼る。(足元カイロはその後全く役立たずにはなる)

 

鼻息が一瞬で凍る
人間の鼻息?で首元のネックウオーマーや髪の毛が凍るということを今回初めて知ったのであった。まつげは折れなかった。都市伝説によれば鼻毛が折れるらしいのですがとりあえず実証できず…

一眼レフのバッテリーが2時間くらいしか持たな
一眼のバッテリーは2時間くらいで挙動不審?になったので取り替えました。Canonの割と大きいバッテリーがこんな感じなので、もっと小さいバッテリーはもっと早くに挙動不審となるはず、iPhoneが外気に触れた瞬間冬眠になるのも納得。しかもバッテリー交換も直接素手で触ったら皮がカメラに着きそうだった。

 

ギャラクシーってそんなにすごいの?
新型コロナウイルス騒動で中国の方はあまりいらっしゃらない印象だったのですが、韓国の方はわりといて、生バナナが瞬間にかちんこちんなバナナアイスとなる瞬間を動画だかなんだかに撮ってました。ギャラクシーってそんなに寒さに強いの??謎。


今回のイエローナイフ滞在はわりと温暖化じゃん。と呑気に思うくらいわりと暖か目な日が多かったのですが、最後の2日間はがっつりと寒かった。そして、この体感温度マイナス38度の日は、最後のオーロラナイトということで、通常なら1時までの鑑賞を2時半まで延長料金払って延長しました。

まあ、人間の生命力やら保温力は意外とすごいな。ということを実感しましたが、温度計でマイナス25度越えでの写真撮影というのはかなり無理がある。人間にもカメラにも、です

また、装備等気をつけるべきことは、ちゃんとしたブログ書きます。

 

 

カナダオーロラ撮影記4(体感温度マイナス30度の世界とは)

20200220から五泊で北緯60度のカナダの田舎町イエローナイフにオーロラ鑑賞と撮影いににきてます。これまで4晩オーロラみましたが、一応毎晩見れてます。一応、というのは勝率でいうならば勝ち2日、負けではないがちょっと残念2日、こんな感じです。

温度計表示マイナス24度体感温度30度の世界とは(2020023の日記)

私の体の異変なるもの
太ももに貼るカイロを貼りたい…
カナダにきて過去3晩の夜はマックスで温度計でマイナス18度、体感温度マイナス25度くらいだと思われるのだが、この時はどんなに寒くてもひざ下までは寒いの。くらいであったのだが、太ももおよびお尻に貼るカイロを貼りたい気分であった、この日は、まじで寒い、温度計でマイナス30度だったらほんとにやばいかも、である。
ちなみに今回の旅行ではいわゆる貼るカイロは一度もまだ使ってないです。割と上半身は防寒対策きちんとしていれば大丈夫。(そのうちまたブログにしますが、UNIQLOあったか系は役不足であろうかと思う)

ダメージが一番にきたもの
カメラ用のシャッター押すレリース、寒くて多分ケーブルの中のどっかか付け根の辺りのけ折れたと思われる…いちおう予備持ってきてるけど、途中で反応が悪い感じ。
噂ではきいていたが、ほんとにマイナス24度という条件下ではこういうことが起こるんだな。

↓天気予報を一日中やってるチャンネル。

オーロララストチャンスなこの日も厳しそうだな…寒さ。

f:id:hirokows:20200225085004j:image

f:id:hirokows:20200225085035j:image

折れたかも、のカメラグッズ

f:id:hirokows:20200225085135j:image

その次にダメージがきたもの
機内モードで通信もしていない時間確認用にもってきたiPhoneがカバンのなかで何もしてないのに寒さで充電ゼロになる。二年使ってるので電池的にもパワー不足であるのも理由だけど。

全くの役立たずは、
靴下用カイロ(つま先とかじゃなくて足型の全面型のやつ)全く暖かくならない、外に出るまでの車のなかでは割とほかほかだったのに。である。

カナダオーロラ撮影記3


20200220から五泊で北緯60度地点のカナダ田舎町のイエローナイフに潜入しております。目的事項はオーロラ見ること、撮影すること、うまく行ったかどうかは?ではありますが、これまで3晩オーロラ見にいきましたが、一応見えてます。3日めは外れ気味ではあったのですが、ノーオーロラではなかった。
話戻って、2020年2月21日の午後参加した市内観光に関して

 

州議事堂
しろくまさんの剥製じゅうたん
議会は英語、フランス語、イヌイット語、の3言語の同時通訳が入るため、進行2時間を要する。

f:id:hirokows:20200224111409j:image

博物館ノーザンヘリテージセンター
リアルな弱肉強食な展示。

f:id:hirokows:20200224111444j:image

防寒服も洒落とるの。の狩で仕留めた皮を使ったもの。

f:id:hirokows:20200224111541j:image

アイスロード
最高深度600メートルごえ、東京スカイツリーもすっぽり沈む深さなところもあるグレートスレープ湖がかちんこちん、

f:id:hirokows:20200224111643j:image
飛行機の中から見るとこんな感じ

f:id:hirokows:20200224111718j:image
なんと、観光名所??はこれだけであります。
なので、
夜21時くらいにオーロラ撮影出発
夜2時くらいにホテルに戻る、
(日本に帰る日にやってみようとおもいますが、ホテル着3時過ぎという延長コースもある)
だらだらしてなんとなく寝る、朝10時くらいに起床、などという生活をしております。

 

カナダオーロラ撮影記2

20200220成田発20200226バンクーバー発でカナダのアラスカ寄り北緯60度くらいのところにあるイエローナイフという田舎町に着ております。目的事項はオーロラ撮影でございますが、ツアーに市内観光がついていたのでそれに参加したことを書いて見る。
20200221の日記。

 

現地ガイドさんのフリートークめも
イエローナイフはカナダのノースウエスト準州の州都である。人口2万人くらい
・労働者の割合は公務員が多く、その次は出稼ぎの人が多い。
・出稼ぎの人の出稼ぎ先はダイヤモンド鉱山。(イエローナイフからは離れてるみたい)
・ダイヤモンド鉱山で二週間ぶっ続けで働き80万の報酬、その後二週間休んで、また二週間ダイヤモンドを掘るという出稼ぎ労働が若者の中で流行っている。アーリーリタイア願望の方の憧れ?の場所。
・一軒家の建築費は8000万!!(地代は安そうだけど)トレーラーハウスでさえ3000万、その理由は資材の運搬に時間かかるのとイエローナイフに生えている木材は建築資材にならないから。
・ガソリンは不凍液が混ぜてあるため、普通のガソリンよりお高め
ど田舎町ではありますが、(町の目抜き通りにしか信号がないのですよ!)まあお金がないと暮らせそうな町である。

長くなりそうなので次のブログへ
↓信号がある通りにある温度計。温暖化やばい。

f:id:hirokows:20200224112126j:image

初めてのオーロラ!カナダオーロラ撮影記2

20200220夜はじめて見ました!オーロラ。そのあたりのことを。

肉眼というか自分の目で見ると、白い、わかりやすく表現するのなら、雨が降って湿気がある雨上がりの早朝とか真夜中に真っ白になる夜の霧。あんな感じ。
肉眼では色が見えないのはほんとだった。都市伝説じゃなかった。
ただ、オーロラが強くなると、肉眼でもハーゲンダッツのミント味のアイスみたいな色にぼんやりとは見えた。

ところがですね・・・写真取ると、白い夜霧は緑になるんですよ!!
宇宙と地球の間で太陽の磁力感じる。ってこういうことなのかーー!

夜霧風のオーロラを移動中に見た時は、よくぞ出てくれました。というくらいしか思わなかったのだけど、いやーー、すごくいいっすよ。

パソコンもってきてないので、カメラの液晶だとこんな感じ。

カメラを適当設定でもそれなりに撮影できた。(ISO800、f2,8、シャッタースピード8秒がわたし的には良い感じだった)
※今回はわたしはF2,8の16ー32というキャノンのレンズを使っている

この日はわりと条件がよく、温度もマイナス10度くらい、空も星空、ということで、オーロラ撮影を堪能したのでありました。
ただ、緑のオーロラしか撮れてないんだな。紫のやつが撮影できてない。

↓行ってきました証明書⁇だかウエルカムカードをいただく。

f:id:hirokows:20200223082231j:image
写真はパソコン持って行ってないので日本に帰ってからブログにあげます。

手持ちスマホ撮影…

f:id:hirokows:20200223082313j:image
やはり無理。…実は現地行ってわかりましたが、
マジな人(一応私も)2割
マジな人除く三脚持ってる人5割
つまり、7割の方しか写真撮って無いのですよ。
後の、3割はスマホ手持ち、あるいは、夜霧な感じのナマオーロラ鑑賞、という感じでございます。

 

 

 

バンクーバーよりイエローナイフに向かう

20200220の9時半くらいにカナダのバンクーバー空港着、その後12時10分のフライトでバンクーバーからイエローナイフに向かう。
バンクーバー空港は空港は草ぼうぼうで草丸みえ、山の雪も八ヶ岳に雪つもったらこんな感じみたいに地味な感じであったが、3時間さらに北上すると、こんな感じである。
飛行機窓際の席だったので

f:id:hirokows:20200223081552j:image

かちんこちん

東京スカイツリー最高深度東京スカイツリー630メートルが沈む湖が凍るの図

f:id:hirokows:20200223081623j:image
空港は滑走路だけは除雪されている感じ。吹きざらしのトラップ降りて、徒歩にて空港の中に入る。
こじんまり度的には旭川空港よりはこじんまり、である。
ターンテーブルしろくまさん

f:id:hirokows:20200223081744j:image
そしてそして、なんと、マイナス30度の超M度満載経験を密かに期待しておりましたが、
なんとなんとマイナス2度!!
温暖化だよ…
この夜は早速オーロラ鑑賞ツアーに参戦しましたが、このときでもマイナス10度くらいだった。まあ意外と大丈夫。であった。
一応オーロラも見えました。このあたりはまた続きのブログで。

成田からカナダへ

成田から7500キロやっとこ着きました。バンクーバー空港なう。2時間くらいの待ち時間で国内線乗り継いで2時間くらいで最終目的地イエローナイフです。
国内線乗り継ぎでまたまた「いろはす開封」を献上しました…

f:id:hirokows:20200221043108j:image

意外と雪無し?
山のてっぺんが白いという感じ。
八ヶ岳に雪積もってるならこんな感じ。みたいな。

f:id:hirokows:20200221043059j:image

エアカナダ機内食晩ごはん
チキン定食。
ビーフオアチキンだった。チキンが早く売り切れたぽい。
味はトマト味の想像通り。

f:id:hirokows:20200221043124j:image

エアカナダ朝ごはん
オムレツ定食。
エッグオアボイルドライス。おかゆっぽい謎のリゾット定食はあまり人気なさそうだった。

想像通りのお味。わりと大丈夫。

f:id:hirokows:20200221043208j:image

季節ネタマスク装着率
わたし的肌感覚で
朝のラッシュ時京王線女性専用車が60パーセント、

東海道新幹線ほぼ100パーセント(出張した夫情報)
成田空港20パーセント未満、
エアカナダ機内10パーセント未満
バンクーバー空港1パーセント未満
エアカナダの乗務員さんで日本人の方はマスクしてました。
マスク買占め騒動は日本だけ⁇バンクーバー空港の売店には売ってる痕跡すらない。
が、物価お高い。一カナダドルが換算手数料とか海外無奪回対策として今回は90円。とわたしの中では設定してるのですが、水が約270円ですよ…いろはすの三倍弱じゃん…マスク一枚おいくらなんだろ…

 

ここまで呑気にいまブログ空港のワイファイ拾って書いてますが、空耳じゃ無い事件ありました。

医療チームがバンクーバー着いたら機内に入ります。そのままお待ちください。
日本語でもアナウンスがあった…
まじ?
結局医療チームが入ったかどうかは不明なんだけど、(ビジネスクラスで急病人とか?車椅子が用意されてたぼい)
ちょっと15分くらい機内にて待機タイム有りましたが無事機内の外に出られました。

 

ついでに
見た目判断?で国内線乗り継ぎの時にこんなのももらった…日本語表記無いんだがな…

f:id:hirokows:20200221043416j:image