読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろこの自由研究

まいにち、は自由研究の積み重ね。楽しい日々を過ごすための研究結果の発表場所としてのブログ。

一年でどのくらい写真撮るのか?右クリック無生活一年経過とか…

最近まで1年の長き年月をかけて、自分のパソコンで二つの実験をしていた。

写真はハードディスクお引越し中のようす。

去年の3月、4月に出かけたとこはこうなのか・・みたいなことを思い出しつつ…

f:id:hirokows:20170420001419j:plain

1年でどのくらいの写真を撮るのか?26,315枚…

一年でわたしはどのくらい写真を撮るんだろ?という実験を昨年行った。

実験といってもそんなおおげさなものではなく、

CFカードやSDカードの写真を撮りっぱなしでパソコン内蔵のハードディスク(1TB)にそのまんま保存して容量が一年持つかどうか。である。(パソコンのハードディスクは他に音楽とかも入ってるので純粋に1TBまるまる写真保存に使えるわけではないけど)

結果…1TB以上撮影することが判明…1年持たなかった…(あきらかなボツ写真も全て保存)枚数でいうと26,315枚以上、シャッター押した回数はこの半分で約13,000回…

(適当計算式)

RAWデータとJPEGでわたしは一回シャッター押した瞬間にRAWデータとJPEGデータ同時に2枚撮影をしている。

だいたいRAWデータの写真は一枚当たり30MBぐらい、JPEGデータは一枚あたり8MBくらい。一回シャッターを押して蓄積されるデータ量は38MBくらい、

1TB=1,000,000MB

1,000,000MB÷38MB=26,315枚

26,315枚÷2=約13,000回一年にカメラのシャッターを押していることになる。(実際はITBで容量オーバーしたからもっと回数は多いと思われる)

13,000÷365日=35回

一日あたりに単純計算すると35回も写真を撮っていることになる。

(実際は休日の写真撮影が殆どですが…)

この実験結果を真面目に振り返ると、

1枚いちまい気合を入れて×13,000回シャッターを押す的な、気持ちがいかに不足していたかを実感。

わたしはただ13,000回シャッターを押していただけなんですよ…と。

明らかに枚数多すぎ…である。

 

そして、もともとあった内蔵ハードディスクも外付けハードディスクも満杯になってしまい、新しい3TBのハードディスクを買ってきてそこにデータをお引越し真っ最中である。

 

コントロールキーとXのキーで切り取り、

コントロールのキーとVのキーで貼り付け、

まあこんな感じの工作を時間を見つけてパソコンの画面上で、ちまちまと続けているのである。本当に要らない写真はフォルダごとごそっと捨てたりとかしながら。

 

右クリック無で一年生活できるか?

一年くらい前から、自宅のノートパソコンにつないであるマウスの左クリックボタンが押してもウンともスンとも言わなくなり、かつノートパソコンのタッチパッドも反応が鈍くなってきており、マウス新しいの買い替えようかな~。と思っていた。(右クリックは正常に動く)

 

ウインドウズのコントロールパネルから、マウスの右クリック左クリックを逆に設定することができることを知った。(右クリックボタンを左クリックの機能にした。)

 

右クリックの機能はキーボードのショートカット機能でなんとか間に合うのではないか、という想定のもとに。(それこそコントロールプラスブイくらいで生きていけるんじゃなかろうか…みたいな。)

自宅ではエクセルの難しいこととかは一切しないのでまあいいかな。と。

写真の管理加工、ネット閲覧、エクセルのちょいちょい作業に支障が出てきたらマウスを新調しようかな。と。

 

約1年ほど経過しましたが、意外と快適に使いこなせている…

マウス買おうかな…とちょっと心が揺れる事件もたまにはある。

わたしは日ごろの行い(起きた時間、寝た時間、食べたもの、体重とかいろいろ)をエクセル閻魔帳管理をしているのだけど自宅でエクセルで使うときに、行挿入したいじゃん。と思ったとき、一瞬どうやるんだろ?(会社では右クリック対応してました…)

と思ったら、ctrlと+キーで挿入できることが発見。(有名なショートカットなんでしょか??)

不真面目に振り返ると、

エクセルのctrlとhで「置換」Hで「痴漢」と一人で、ふふっ。と思った大昔並の発見…

 

真面目に振り返ると

マウスくらい買えよ…である。